「ご賢察」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご賢察」とは? ビジネス用語

「ご賢察」とは?ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「ご賢察」とは?

「賢察」とは目上の人が相手の事情や状況を思いやること、あるいは配慮する時に用いる言いまわしです。

この「賢察」に尊敬を表わす接頭辞の「ご」がつくことで尊敬語となり、相手の推察や推測を敬う意の言いまわしになります。

特に上司や目上の人に向けて自分の状況を理解してもらいたい場合に用いられやすい言いまわしです。

「ご賢察」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは目上の人の中でも最大級の礼をもって敬いたい相手において用います。

ただし、とても堅苦しい言いまわしのため、会話ではほとんど用いません。

適用する場面としては重要な書類や大切なビジネスメールを送付する時などです。

また用いる状況としては、自分が置かれた状況を理解してほしい時とか相手の配慮に感謝する時などが挙げられます。

「ご賢察」の正しい敬語表現

「ご賢察」は目上の人が推測することや配慮することに対して敬った言いまわしの敬語です。

対象は目上の人になり、この言葉は自分の行ないに対して用いることはできません。

なお、「賢察」はこの言いまわし単体でも「推察」の尊敬語になるため、「ご賢察」は厳密に言うと二重敬語になります。

しかしながら、「ご賢察」は慣習として日常的に用いられる言いまわしのため、最上級の敬語として捉えられ、二重敬語にはあたりません。

「ご賢察」を使った例文

この言いまわしを活用した例文を以下に紹介します。

・『私たちの特殊な状況をご賢察いただけると幸いでございます』
・『~をなにとぞご賢察のほど、お願い申し上げます』
・『~をご賢察の上、ご理解たまわります』
・『まさにご賢察のとおりでございます』
「ご賢察のほど」を用いる場合は後ろに「お願い申し上げます」といったような敬語表現を続けることが一般的です。

「ご賢察の上」はさらに追加でお願いする場合に用いる言いまわしです。

「ご賢察のとおり」「おっしゃるとおり」の意味合いで用います。

「ご賢察」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い換え例を以下に紹介します。

・『ご高察のとおりです』
・『ご明察恐れ入ります』
・『ご推察のとおり、事業の継続は困難です』
「ご賢察」がただ単に何かを察することを示すのに対して「ご高察」は推察力の高さに注目した言いまわしです。

相手を褒める意味合いは強くなります。

「ご明察」ははっきりと事態や状況を見抜くことを言います。

「ご推察」「思われているとおり」という意味合いがある言いまわしです。

まとめ

「ご賢察」は目上の人に対して「お察しください」という意味合いを持つ言葉ですので、主としてビジネス上で用いられます。

意味や使用方法をよくマスターして失礼のないよう正しい使い方をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました