「ご配慮ありがとうございます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご配慮ありがとうございます」とは? ビジネス用語

ここでは「ご配慮ありがとうございます」の使い方やその際の注意点について、詳しく見ていきます。

「ご配慮ありがとうございます」とは?

「ご配慮ありがとうございます」は、相手からの気遣いに対する感謝として使われます。

ほんのちょっとしたそれに対してもこのように返すことで、使われた方も気分がいいというもので、ビジネスシーンで特に大事な相手には多用される表現の1つです。

ただし、何事にもこのように返していると、ただの定型文だと思われてしまうため、同じ相手に対して何度も使うものでもなく、これはお礼を言っておいた方がいいだろうといったタイミングでうまく使いたい言葉です。

主にビジネスシーンで用いられますが、それほど親しくない仲の相手に対して個人的に使うこともでき、こちらがそれだけ気を遣っていることの表現にもなります。

「ご配慮ありがとうございます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご配慮ありがとうございます」は、堅くもなく、カジュアルでもないちょうどいい具合のちょっとした謝辞になる表現です。

そこまで深い感謝の表現にはならないものの、先のように気を遣っているといったアピールにもなるため、無闇に何度も使わない限り、これによって相手の印象が悪くなってしまうようなことはないでしょう。

このように使われた側は、特にこれという返信などをする必要はなく、相手がそれなりに丁寧な人なのだと分かります。

「ご配慮ありがとうございます」を使った例文

・『先日はあのようなご配慮ありがとうございます』
・『度重なるご配慮ありがとうございます』

「ご配慮ありがとうございます」の類語や言い替え

「ご配慮いただきありがとうございます」
もう少し丁寧にした表現です。

こちらになるとビジネス向けで、個人間ではここまで使うことはありません。

「ご配慮を賜りお礼申し上げます」
よりビジネス向けの表現になり、それだけ感謝していると表すことができます。

ただし、言い替えにするには少々堅すぎるため、「ご配慮ありがとうございます」より使う場面が限られます。

「お心配りに感謝いたします」
表現は変わりますが、意味としては一緒です。

こちらも丁寧な形なので、年配の人に対して使っても失礼になることはありませんが、ちょっとしたことに使うと丁寧になり過ぎてしまう懸念があるので注意が必要です。

まとめ

「ご配慮ありがとうございます」は、それほどでもないことに対して使うことの多い感謝の表現です。

より丁寧な形もありますが、この表現のままでも失礼になることはまずなく、無理に丁寧にしておかしくしてしまうより、このまま使うのが一番という場面も多いです。

タイトルとURLをコピーしました