「ご配慮をありがとうございます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご配慮をありがとうございます」とは? ビジネス用語

ここでは「ご配慮をありがとうございます」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご配慮をありがとうございます」とは?

「ご配慮をありがとうございます」は、ちょっとしたことをしてもらったり、気を遣ってもらったといった時にそのお礼として使われます。

主に文章で用いられ、その1人だけを相手にする場合だけでなく、大勢を対象に使うこともできる表現です。

「アイドリングストップのご配慮をありがとうございます」などと駐車場に書かれているような場合がそれに当たり、そこまで大きくないことに対する感謝として広く使うことができます。

そういったことがあった後に「先の件ではご配慮をありがとうございます」のように使えばよく、それが何であってもこの表現で済んでしまうという便利さがあり、「配慮」という言葉自体が「気を遣う」という解釈になります。

そのため、「ご配慮ください」と言えば、気を遣ってくださいという意味になり、それをしてもらったことに感謝している「配慮」の用い方が、この「ご配慮をありがとうございます」です。

「ご配慮をありがとうございます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「ご配慮をありがとうございます」は、そのようなことがあった場合だけでなく、先に使ってしまうという方もできる表現です。

どのような使い方になるかと言えば、前述の駐車場の例がそれに当たり、あらかじめ「ご配慮をありがとうございます」と記載しておくことで、それを促している使い方になっています。

そのように用いられることも少なくなく、同じ意味になるそれを「ご配慮をお願いします」とした時より表現的にやわらかいことから、この表現のうまい使い方だと言うことができます。

それほど大きくないことに対する感謝の表現になると書きましたが、どれくらいまでのことに使うかについては難しい点がありますが、明らかに大きな感謝が必要になる場合には、こちらの表現ではなく違う表現を用いた方がいいでしょう。

「ご配慮をありがとうございます」を使った例文

・『先日の件につきまして、早速のご配慮をありがとうございます』
・『昨今の世間的な事情に沿ったご配慮をありがとうございます』

「ご配慮をありがとうございます」の類語や言い替え

・『ご配慮に感謝いたします』
少し丁寧にした形がこちらになります。

「ご配慮をありがとうございます」より少しだけ堅くもなりますが、他社や目上の人に使う場合にはこちらの方が向いており、大勢に対して使う時にも失礼にはならない表現えす。

まとめ

「ご配慮をありがとうございます」は、ちょっとしたことや気遣いに対する感謝の表現として用いられます。

広い範囲のそれに対して使えるだけでなく、それを促す為に使うこともできる表現です。

タイトルとURLをコピーしました