「ご支援」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご支援」とは? ビジネス用語

「ご支援」とはビジネスでどのように使い?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「ご支援」とは?

「ご支援」という言葉は、力を貸してもらい助けてもらう時に使用する言葉です。

一人ではどうすることもできないような事柄に対して、サポートをしてもらうことも「ご支援」という表現を使用します。

直接的に手伝ってもらうケース「ご支援」という言葉を使うことが多いですが、金銭的な支援や応援等なども「ご支援」という表現をします。

後ろから支えていることを表す言葉として「ご後援」などという言葉も使われます。

「ご支援」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「ご支援」という言葉をビジネスメールで使用する場合、「ご支援承りありがとういございます」など感謝を伝える際に使われることがあります。

また、新たに助けてもらうことをお願いするような場合にも「ご支援の程、よろしくお願いいたします」といったメール文面で使われます。

会話で「ご支援」という言葉を使うケースとしては、メールと同様に「ご支援いただきありがとうございました」といった感謝の言葉や「ご支援の程、よろしくお願いいたします」と支援を直接お願いするような時に使用します。

「ご支援」という言葉を使う時の注意点としては、突然、「ご支援」をお願いするようなことをしてしまうと相手が驚いてしまうので、基本的には普段から支援をしてくれる相手に「ご支援」をお願いするときに使ったほうが良いです。

新たに「ご支援」をお願いする際には、しっかりとした説明を事前にしておくことが重要です。

「ご支援」の正しい敬語表現

「ご支援」という言葉は頭に「ご」がついているので、そのまま敬語として使うことが可能です。

この「ご支援」という言葉をそのまま他の敬語と一緒に使うことで敬語表現とすることが出来るでしょう。

支援に対する感謝を伝える場合には、「ご支援いただき深く感謝しております」という敬語表現で十分でしょう。

「ご支援」を使った例文

・『今回はお忙しい中ご支援いただき深く感謝しております』
・『初めてのこととなりますので、ご支援の程、よろしくお願いいたします』
・『ご支援承り深く感謝しています』
5. 「ご支援」の類語や言い替え 「ご支援」の類語、言い替えとしては、状況により「ご愛顧」「ご助力」「ご後援」等が使用されます。

まとめ

「ご支援」という言葉は、ビジネスシーンで使用することも多いので、しっかりとした敬語表現を身に付けておくことが重要となります。

正しい使い方をマスターしておけば、メールを送信する際にも、急な会話の際にもスムーズにコミュニケーションを取ることが出来るようになります。

タイトルとURLをコピーしました