「ご教示願えますか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご教示願えますか」とは? ビジネス用語

「ご教示願えますか」とはどう使う?

ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「ご教示願えますか」とは?

「ご教示願えますか」とは、相手に対して、指示などをお願いする時に使用する言葉であり、上司に対しては仕事の進め方を教えてもらいたいときなどに使われます。

単純にわからないことを教えてもらいたいときに使われるだけではなく、何か追加で要望等があるかどうかを確認する際にも「ご教示願えますか」という言い方をします。

「ご教示願えますか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「ご教示願えますか」とは、ビジネスメールや会話時に、相手にわからないことを教えてもらいたいときや、明確な指示、方法等を教えてもらいたいときなどに使用されます。

専門家に対して、専門知識を教えてもらいたいときなどにも「ご教示願えますか」という表現をします。

仕事上で取引先に対して、納品物の確認をお願いしたいときに「ご教示願えますか」という伝え方をします。

相手に対して手間をかけさせることになってしまうので、「誠に申し訳ありませんが」「大変お手数ですが」等を最初に付けてから「ご教示願えますか」と伝えるとよいでしょう。

「ご教示願えますか」の正しい敬語表現

「ご教示願えますか」の敬語表現としては、そのまま使用することもできますが、「ご教示お願いできますでしょうか」「ご教示いただくようお願い申し上げます」等の表現方法を用いたほうが丁寧な印象となります。

メールや会話の相手に応じて使い分けるとよいでしょう。

なるべく丁寧な表現を心がけて相手にお願いするとよいでしょう。

「お手間をおかけして申し訳ありませんが」という言葉を添えるのも良いです。

「ご教示願えますか」を使った例文

・『お忙しいところを恐れいますが、修正等がありましたらご教示願えますか』
・『これからの事業の進め方について、ご教示をお願いできますでしょうか』
・『至らぬ点ばかりで大変申し訳ありませんが、何かありましたらご教示の程お願い申し上げます』

「ご教示願えますか」の類語や言い替え

「ご教示願えますか」の言い替えとしては、状況や意味合いによっては「ご指示願えますか」「ご指導願えますか」等となります。

また、専門的な知識を提供してもらいたいときなどには「ご教授願えますか」という表現も使います。

まとめ

「ご教示願えますか」という言葉は、仕事を進めていく上では必須の言葉であり、使用頻度もかなり多いと考えられます。

正しい敬語表現等を使えるようになれば、ビジネスメールや会話の際にスムーズに相手とコミュニケーションを取ることが出来るようになります。

タイトルとURLをコピーしました