「まずはメールにてお詫び申し上げます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「まずはメールにてお詫び申し上げます」とは? ビジネス用語

「まずはメールにてお詫び申し上げます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「まずはメールにてお詫び申し上げます」とは?

「まずはメールにてお詫び申し上げます」は、取り急ぎメールで謝罪するような場面で使用できる言葉です。

「まずは」という言葉には、「暫定的」との意味が込められています。

つまり、暫定的にお詫びした後に、別途正式にお詫びをするようなニュアンスを含んだ文章になっているのです。

また、「メール」は謝罪の手段としては簡易なものになります。

電話や対面など、直接的なコミュニケーションのほうが、正式な謝罪に適しているのです。

また、ここでは「申し上げます」という言葉を使用しています。

これは「言う」を意味する謙譲語の表現であり、相手に敬意を示す言葉になるのです。

「まずはメールにてお詫び申し上げます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「まずはメールにてお詫び申し上げます」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、深夜にシステム障害が発生したとします。

そのため、まずは顧客にメール連絡する事にしたのです。

このような場合には、「本日は時間も遅いため、まずはメールにてお詫び申し上げます」と述べるとよいでしょう。

これにより、遅い時間のために仕方なくメールで謝罪する事を、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「お詫び申し上げます」の使い方に注意しましょう。

これは「お詫びいたします」「お詫びします」と言いかえる事ができます。

相手との関係性に応じて、敬語の程度を調整するとよいでしょう。

「まずはメールにてお詫び申し上げます」を使った例文

「まずはメールにてお詫び申し上げます」を使った例文を挙げます。

例文のように、メールで謝罪する理由などを付け加えると、自然な文章を作成できます』
・『時間も遅いため、まずはメールにてお詫び申し上げます』
・『お電話がつながりませんので、まずはメールにてお詫び申し上げます』
・『現場を離れられませんので、まずはメールにてお詫び申し上げます』

「まずはメールにてお詫び申し上げます」の類語と敬語での言いかえ

「まずはメールにてお詫び申し上げます」の類語と敬語を解説していきます。

「まずはメールにてお詫び申し上げます」の類似表現

この言葉の類似表現には、「取り急ぎメールにてお詫び申し上げます」があります。

「まずは」「取り急ぎ」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「まずはメールにてお詫び申し上げます」の敬語表現

この言葉を、別な敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「まずはメールにてお詫びいたします」に言いかえできます。

まとめ

このように「まずはメールにてお詫び申し上げます」は、取り急ぎメールで謝罪するような場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました