「今後このようなことがないよう努めて参ります」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今後このようなことがないよう努めて参ります」とは? ビジネス用語

「今後このようなことがないよう努めて参ります」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「今後このようなことがないよう努めて参ります」とは?

この言いまわしの「努める」は、努力して事を行なうこと、力を尽くしてがんばることの意で、「努力」という単語がイメージ的に近い言葉です。

また、この言いまわしの達成度合いは「お約束します」ではなく、「最善の手を打ちます」という意味合いの言いまわしになります。

なお、「参ります」ですが、この語句は補助動詞「行く」「来る」の謙譲語表現「まいります」とすべきで、「まいります」を漢字表記するのは誤用です。

「努めてまいります」「努める」に対して使用されており、「努める」のは自分であるため自分の行為に対しての謙譲表現のため、正しい敬語です。

「今後このようなことがないよう努めて参ります」のビジネスにおけるメールや会話での使い方、用いるときの注意点

この言いまわしは、主に対面で謝罪するような場面で用いられることが多いフレーズです。

例えば、取引先にこちらの手落ちで多大な迷惑をかけた場合、取引先に赴いて対面で謝罪 するというケースは日常ありがちです。

このような際にこの言いまわしを用いて誠心誠意謝ることによって、反省している様子や大変申し訳ないという謝罪の気持ちが十分伝わるでしょう。

ただし、この言いまわしは文章が長いため、相手によっはもっと簡潔なフレーズにした方がよい場合もあります。

「今後このようなことがないよう努めて参ります」の正しい敬語表現

この言いまわしの敬語表現は上述の通り、「努めてまいります」の部分が直接の敬語表現にあたり、謙譲語として使われていますが、「まいります」は補助動詞のため、ひらがな表記が正しい表記です。

このフレーズを別の敬語にするには、例えば「努めてまいります」「努力します」に言い替えることが可能です。

「今後このようなことがないよう努めて参ります」を使った例文

この言いまわしを活用した例文を紹介します。

・『今後このようなことがないよう努めてまいります』
・『今後このようなことがないよう精一杯努めてまいります』

「今後このようなことがないよう努めて参ります」の類語・言い替え

この言いまわしに類似した言葉の一例を紹介します。

・『今後このようなことがないよう努めます』
・『今後このようなことがないよう努力します』

まとめ

この言いまわしは、主に謝罪の場面で使用します。

また、「努めてまいります」「まいります」は補助動詞のため、漢字表記ではなく、ひらがな表記が正しい用法です。

この言いまわしはビジネスシーンにおいて対面でよく使用しますので、正しい使い方をマスターしましょう。

タイトルとURLをコピーしました