「再入荷のお知らせ」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「再入荷のお知らせ」とは? ビジネス用語

ここでは「再入荷のお知らせ」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「再入荷のお知らせ」とは?

「再入荷のお知らせ」は、この形だけでその商品が再び入荷したことを表現しています。

「○○の再入荷のお知らせ」のように使われることが多く、その販売店で目立つ場所や実際に該当の商品が陳列されている売り場にそう書いて掲示しておくことで、それが再び入荷したものだと告知することができます。

要は、売り切れてしまった商品がまた入荷したという場合に使われるもので、売り切れるくらいなので、それは人気商品なのだと考えていいでしょう。

それ以外にも、お店のホームページ上でその商品が再び入荷したことを掲示するために使われたり、会員登録をしているお客様へのメールで用いられるなど、該当の商品がまた入荷したのでお知らせしますといった意味で色々な使われ方をします。

「再入荷のお知らせ」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「再入荷のお知らせ」は、文章にして用いることもできる表現です。

そちらでは「再入荷のお知らせです。

この度、人気商品の○○が再び入荷しました」
のように使うことが多く、メールでそれを知らせる時には「○○の再入荷のお知らせ」といったタイトルにすることも少なくありません。

この表現を使う場合、その商品が一度売り切れていることが条件になるので、それがあった時にはこのような告知を待っている人も多いと考えることができます。

こうとは使わずに、単に売り場にそれを補充して陳列しておくだけの場合と、「再入荷のお知らせ」と使って何かしらの告知を行うのでは、その売れ行きも変わってくるというものです。

「再入荷のお知らせ」を使った例文

・『○○の再入荷のお知らせです。△月×日にあの○○が再び入荷いたします』
・『再入荷のお知らせです。人気の○○が現在1階の売り場で販売中ですので、ご希望のお客様はお急ぎください』

「再入荷のお知らせ」の類語や言い替え

・『再々入荷のお知らせ』
再び入荷した分まで売り切れてしまった商品がまた入荷した場合には、この表現を使うことができます。

何度も売り切れてしまうような人気商品ではこのように使われることも珍しくなく、そのような場合も「再入荷」と使って構いませんが、遭えて「再々入荷」とすることで、それだけ人気があるのだというアピールにもなります。

まとめ

「再入荷のお知らせ」は、該当の商品が再び入荷したことを表す表現です。

欲しい商品が売り切れていた時にこのような告知があると嬉しいもので、販売店としても人気商品の場合にはすすんでこのような表現を使い、今ならそれがあると告知をすることが多いです。

タイトルとURLをコピーしました