「再送させていただきました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「再送させていただきました」とは? ビジネス用語

ここでは「再送させていただきました」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「再送させていただきました」とは?

「再送させていただきました」は、何かをもう一度送りましたと伝えている表現になります。

「再送」「再度送付」を略した言葉で、ここでの「送る」はハガキや封書の郵送から、荷物の発送、FAXやメールでの送信まで含めた意味なので、そのいずれの場合でも問題なく使うことができます。

よって、この前に「案内状を」「メールを」などと何をもう一度送ったのかを添えて使うことが多いですが、相手から送ったはずのメールが届かないメールなどと言われた場合にはもう一度送る対象がメールだと分かっているため、遭えて「メールを」とつける必要はなく、「再送させていただきました」だけで構いません。

以前はメールで今度は封書にする場合など、送付の形式を変える場合には、もちろんそれを一緒に添えてください。

「再送させていただきました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「再送させていただきました」は、同じものを送り直す時のみ使うことができる表現です。

それに少し変更があるといった場合にも使えないことはありませんが、その時には「以前とこの点を変更したものを再送させていただきました」のように、どこかに変更があることをきちんと伝えないといけません。

それがないと全く同じものだという解釈になるため、変更があったことが分かると後々のトラブルの元です。

送った後の報告として使う表現になりますが、これからそれをする時には「再送させていただきます」として、その後にもう一度送るという使い方ができます。

近年では送るものがメールで、この表現自体もそのやりとりで使われることが多いですが、口語で使うこともでき、メールをもう一度送ったと電話で伝えるといった使い方をされることもあります。

「再送させていただきました」を使った例文

・『先のメールが不着のようでしたので、再送させていただきました』
・『紛失されたとのことでしたので、封書にて招待状を再送させていただきました』

「再送させていただきました」の類語や言い替え

・『再送電報』
「再送」は、この言葉の略としても使われる言葉です。

近年ではほとんど聞きませんが、送った電報の住所から相手が転居していた場合にもう一度新たな住所に送り直すことで、「再送」をこちらのことだと解釈すると、「再送させていただきました」では意味が通らないことが出てきてしまいますが、ビジネスシーンではまずないことなので、知識として覚えておく程度でいいでしょう。

まとめ

「再送させていただきました」は、もう一度同じものを送りなおしたという意味で使われます。

主にFAXやメールに対して用いられますが、封書や荷物にも使えないことはなく、例文で挙げたような封書での再送といった使い方をしても問題ありません。

タイトルとURLをコピーしました