「右往左往することなく」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「右往左往することなく」とは? ビジネス用語

ここでは「右往左往することなく」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「右往左往することなく」とは?

「右往左往することなく」は、うろたえたり迷うことなくといった意味になる言葉です。

「右往左往」は見た目の通り、右に行ったり左に行ったりするという漢字の組み合わせから、うろたえる、(物理的な方ではない)道に迷う、方針が決まらないなどの解釈で使われており、この後に何かを頑張る、何かに突き進むといったような文言をつけて、それだけに集中する、それだけを目指すという文章を作るのが一般的です。

そのような意味の言葉のため、心を入れ替える、これからは迷わないといったような決意表明に使われることが多く、その人の何かしらの言動で迷いを吹き飛ばしてもらえたなどという場面で、お礼として使われることも少なくあらいません。

「右往左往することなく」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「右往左往することなく」は、口頭でも使えないことはありませんが、多くの場合で文章で使われており、これから何かを頑張っていくといった時やそれだけ何かに邁進するといったことを表すために使う言葉です。

ただし、それは自分に対して使う場合で、人のために使うこともできるため、そちらの場合はうろたえるたり迷うことなく何かを頑張るようにといった解釈で用いられると考えていいでしょう。

ただし、その場合は上からの物言いになってしまうため、使う相手には注意しないといけません。

同僚に使ったとしても偉そうに聞こえてしまうので、ビジネスでは上司が部下にといった場合でもないと用いるべきではありません。

「右往左往することなく」を使った例文

・『今日から右往左往することなく、目標に向かって頑張っていく所存です』
・『これまでのように右往左往することなく、仕事に邁進するように』

「右往左往することなく」の類語や言い替え

・『右顧左眄することなく』
「右顧左眄」は難しい漢字ですが、「うこさべん」と発音します。

そのように変換をすればすぐに出てくるので、メールなどの文章で使う場合は特に難しいことはなく、意味は「右往左往」とほとんど一緒です。

少々古い表現になるので、無理にこちらを使う必要はありませんが、年配の人が相手の場合は遭えてこちらにしてみるのもいいかも知れません。

まとめ

「右往左往することなく」は、うろたえたり迷うことなくといった解釈で使われる言葉で、自分がそのように何に励む、人にそのように助言するといった使い方になります。

後者の場合は基本的に上司や目上の人が下に対して用いることになると覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました