「大変申し訳ございません」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「大変申し訳ございません」とは? ビジネス用語

ここでは「大変申し訳ございません」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「大変申し訳ございません」とは?

「大変申し訳ございません」は、このように使う相手に対して謝罪をするために用いられます。

「大変」をつけずに使っても同じ意味になりますが、それをつけることでより深く謝罪の意味を表現できていると考えていいでしょう。

特にビジネス用語という訳ではないため、日常的によく見聞きしますが、本来の意味となるまで深い謝罪の気持ちから使っていることは少なく、こちら側に非があると思った時の謝罪の第一声として定型的に用いられることが多いです。

よって、このように謝罪された側もそこまで相手が気にしていると考える必要はなく、まず最初のクッションとして使っているという感覚で捉えればいいでしょう。

「大変申し訳ございません」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「大変申し訳ございません」は、相手に詫びるための表現の中でも一番使われていると言っていいでしょう。

それだけ形もポピュラーで、以下で類語として同じように使えるものをいくつか挙げますが、その中でもビジネスシーンを始めとする様々な場面で用いられています。

「大変」の代わりに「本当に」「誠に」とつけて使うこともでき、そのような使い方でも意味はほとんど一緒で、共によく見聞きする形です。

いずれにしても、そこまで本当に申し訳ないと考えていなくとも使うことができるため、このような表現はどれを使ってもそう変わるものではなく、ビジネスシーンでは見聞きしない日がないほど多用されており、意味とは裏腹に簡単に使われている節があるのは否めないところです。

「大変申し訳ございません」を使った例文

・『集合時間に遅れてしまい、大変申し訳ございません』
・『そんなことになっているとは気付かず、大変申し訳ございませんでした』

「大変申し訳ございません」の類語や言い替え

・『お詫びの言葉もございません』
こちらの表現の方が「大変申し訳ございません」より深い謝罪の念を示すことができます。

また、気軽に使うものでもなく、本当の意味で深い謝罪が表現できると考えていい表現のため、そのような必要があると思った時にはこちらを使うといいでしょう。

『弁解の余地もございません』

こちらもまた、「大変申し訳ございません」より深い謝罪となる表現です。

そして、本当に謝罪していると示すことができる点も上の「お詫びの言葉もございません」と一緒なので、それほど申し訳ないと思った時に使ってください。

まとめ

「大変申し訳ございません」は、謝罪のために使われる表現です。

見た目ほど深くそのようには考えていない場合でも定型的に使うことができるため、使いやすさの反面、実際にはそれほどの謝罪表現にはなっていないと考えてよく、よりそれを表したい場合には類語で挙げた2つの方を用いるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました