「家事都合のため」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「家事都合のため」とは? ビジネス用語

「家事都合のため」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や例文を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「家事都合のため」とは?

まず、「家事都合」「家庭事情による理由」「家庭事由のため」というのが基本的な意味です。

そのため「家事都合のため」とすると、「ため(理由)」が二重で使われることになります。

よって、このように言い慣れている人も多く、間違えていると指摘するほどの問題でもありませんが、「のため」はあえて言う必要はありませんので、ここからは「のため」は外して表記します。

「家事都合」のみの表記でも「家庭事由のため」という意が伝わるため大丈夫です。

では、「家事都合」と言うとどんなものがあるでしょうか。

「家事都合」には身内の慶弔、子供の行事への参加などがあり、家族の看病や介護なども含まれます。

なお、「家事都合」と同様に「私事都合」という言葉もあります。

「私事都合」「家事都合」「家族のため」という意味であるのに対して「自分のため」という意味で使われます。

例えば、家族と旅行する場合は「家事都合」、自分だけ、または友達などと旅行する場合は「私事都合」となります。

「家事都合」は家庭の事情を相手に理解や考慮してもらい休暇を取得する行為で、相手がその事由を考慮してくれれば成立します。

「家事都合」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスにおいては、勤務先で有給休暇を取得する理由として「家事都合」はもっとも使いやすい理由です。

子供が発熱したり、急にエアコンが故障して修理業者との対応に当たらなくてはならない時など、都度細かい事情を説明しなくても「家事都合」とすれば報告の必要もなく、便利に使えます。

一方、「私事都合」は自分勝手な理由付けの印象を与え、周りの心証を害することもありますので使用に当たっては注意が必要な場合もあります。

「家事都合」を使った例文

・『家事都合で、〇月〇日の説明会は欠席いたします』
・『急で申し訳ございませんが、家事都合で本日は休ませていただきます』

「家事都合」の類語や言い替え

このフレーズに類似した言葉や言い替えの一例を紹介します。

・『私事都合』
上述した通り、「家事都合」「家庭の都合のため」「私事都合」「自分の都合のため」という意味で使われることが多いと説明しました。

しかし、ビジネス面では家族も私事に入るため、家族のための休暇でも「私事都合」と使っても間違いではありません。

実際に両者を明確に区分せずに使用している企業も多々ありますし、両者の明確な違いを上司に指摘されることもありません。

まとめ

有給休暇の取得は働く人の権利です。

休暇理由を言いづらい場合には「家事都合」を使って有給休暇を取ってみましょう。

とても使いやすく、スムーズに取得できます。

タイトルとURLをコピーしました