「対応可能です」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「対応可能です」とは? ビジネス用語

ここでは「対応可能です」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「対応可能です」とは?

「対応可能です」は、何かをすることができると伝えるために使われます。

例えば、「それについては対応可能です」といったような用い方になり、「それ」と表現している内容が行えるといった意味になります。

もっと具体的な例を挙げると、新車の購入にディーラーまで行き、気に入った車にリアスピーカーがついているか聞いた際に、「純正オプションとして対応可能です」と言われたような場合が当てはまります。

この場合には、購入時のオプション選択で別料金になるがつけることができるという解釈になり、このように条件次第でできるといった使い方も多く見られます。

口頭、文章のどちらでも使うことができ、ビジネスでも色々なシーンで用いられています。

「対応可能です」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「対応可能です」は、何かができるという意味になりますが、先のようにそれには条件がつくこともあり、表現としてはできるとしていますが、そちらに注意が必要になります。

特に語尾に「が」をつけた形の「対応可能ですが」という使い方をした場合、ここまででそれはできるものの、といった解釈になり、この後にそのためにはこのような条件が~のような文言が続くことになります。

その条件とはビジネスでは金額の面や納期といった内容のことが多く、それに問題がなければできるという使い方をされるシーンを多く見掛けます。

そういった各種の条件とは関係なく無理だという場合にはこの表現が使われることはなく、「対応することができません」などと用いられます。

「対応可能です」を使った例文

・『それにつきましては、設定を変えることで対応可能です』
・『別料金になってしまいますが、対応可能です』

「対応可能です」の類語や言い替え

・『実現可能です』
「対応可能です」と同様に、何かができると伝えるための表現になりますが、同じ「できる」という意味でも大きな計画や夢を対象に使われることの多い「実現」という言葉を使っているため、ビジネスでの比較的大きめのプロジェクトやプレゼンなどの際に用いられることが多いです。

よって、そのまま言い替えに使うことはできません。

まとめ

「対応可能です」は、何かができると伝えることができる表現です。

ただし、そのためには何かの条件がつくことも多く見られ、使われた際にはそちらに注意が必要です。

こちらから使う場合にも、そのままできるという場合以外にはそれについて詳しく述べておくことが大事になります。

タイトルとURLをコピーしました