「平素よりお世話になっております」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「平素よりお世話になっております」とは? ビジネス用語

ここでは「平素よりお世話になっております」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「平素よりお世話になっております」とは?

「平素よりお世話になっております」は、ビジネスで冒頭の挨拶で使われる表現です。

「平素」「常日頃」という意味になる言葉で、あまり口語で使う言葉ではないので、この表現自体も基本的に文章で使われています。

相手に対して日頃からお世話になっていると感謝を伝えているように見えますが、完全な定型文として使われているため、それを深く考える必要はありません。

特に他社へのメールでは季節の表現を使った挨拶文から始めるような場合でない限り、まず冒頭にこれをもってくるのが常識だと考えてよく、この後に肝心の本題を続くクッションの役割になります。

「平素よりお世話になっております」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「平素よりお世話になっております」は、文章で使う表現になるため、電話などの口頭で用いることはありません。

そちらには向いているまた別の表現があり、以下で類語として挙げておきますが、文章、口語でそれらを使い分けるのが礼儀となっており、ビジネスシーンではそれが常識です。

この「平素よりお世話になっております」はビジネス以外で使われることもあり、その例としてBtoCでお客様に対して送る文章の冒頭などが挙げられます。

先のように、お世話になっているといった意味はあまり考えずに用いることができるため、初めてになる相手にも問題なく使うことができます。

「平素よりお世話になっております」を使った例文

・『平素よりお世話になっております。早速ですが、先日の打ち合わせの内容に少し変更があります』
・『平素よりお世話になっております。この度はお問い合わせありがとうございました』

「平素よりお世話になっております」の類語や言い替え

・『いつもお世話になっております』
口語では「平素よりお世話になっております」に変えてこちらが使われます。

ビジネスシーンではお馴染みの言葉で、文章で使っても特に問題はありません。

そのため、ビジネスメールの冒頭がこれだということも多いですが、その場合は「平素よりお世話になっております」の方が堅さが表現できるため、初めての相手の場合はそちらの方が向いています。

よって、この表現は既に何度かやりとりをしている間柄で使われることが多いです。

まとめ

「平素よりお世話になっております」は、文章で使う冒頭の挨拶表現です。

ビジネスシーンでのメールの出だしによく用いられており、これを使っておけば失礼になることはありません。

タイトルとURLをコピーしました