「心せわしい年の暮れ」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「心せわしい年の暮れ」とは? ビジネス用語

ここでは「心せわしい年の暮れ」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「心せわしい年の暮れ」とは?

「心せわしい年の暮れ」は、年末の挨拶文に使うことができる定型表現の1つです。

「年の暮れ」という言葉がその時期を如実に表しており、年末の考えることの多い忙しい時期ですが(なので)といった意味になり、その意味をうまく利用して、冒頭の挨拶文や文末の締めの文章に用いられます。

冒頭の場合はその後にご機嫌伺いとなるような文章を、文末では相手の身体を気遣う表現を続けるもので、そこまでを含めて定型文のようなものです。

よって、使える時期がかなり限定されてしまっていますが、意味自体はあまり気にせずに冒頭の場合は本題に入る前のクッションとして、文末であればうまい締めとして利用することができます。

「心せわしい年の暮れ」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「心せわしい年の暮れ」は、先のように冒頭、文末のどちらでも使うことができる点から、12月中旬~年末にかけてのビジネス文章でよく利用されます。

口語で使うことはなく、文章専門で使う表現で、これを使って以下に挙げる例文のように、そのような時期ですが(なので)調子はいかがですが、身体には気をつけて欲しいといったような文章として完成させて使われます。

ビジネスシーンだけでなく、友人同士の手紙のやりとりなどでもこのシーズンの挨拶表現として利用されており、誰に対して使っても失礼になることはありません。

「心せわしい年の暮れ」を使った例文

・『心せわしい年の暮れ、いかがお過ごしでしょうか』
・『心せわしい年の暮れ、お身体にはくれぐれもお気をつけください』

「心せわしい年の暮れ」の類語や言い替え

「歳末ご多端の折」
「歳末」「年の暮れ」と同じ時期を表現しており、「心せわしい年の暮れ」と同様の使い方ができます。

「ご多端」はするべきことがとても多いという意味になる言葉で、全体として「年の暮れでするべきことが多い時期ですが(なので)」と解釈します。

「年末ご多忙の折」
「年末」「年の暮れ」と同じ意味で使うことができるので、こちらも同様に言い替え表現によく利用されます。

「ご多忙」でとても忙しいと表しており、「年末でとても忙しい時期ですが(なので)」「歳末ご多端の折」とほとんど同じ解釈になる表現です。

まとめ

「心せわしい年の暮れ」は、12月中旬から年末にかけて使える挨拶表現になります。

この時期ならではの忙しさをうまく表現できることから、類語として挙げた言葉と共にビジネスシーンでよく用いられています。

タイトルとURLをコピーしました