「欠席させていただきます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「欠席させていただきます」とは? ビジネス用語

ここでは「欠席させていただきます」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「欠席させていただきます」とは?

「欠席させていただきます」は、何かの会合などに誘われた際に、それに参加できないという意志を表すために使う言葉です。

基本的にはそのような使い方専用の表現ですが、自分(たち)が開催する会合などに自分は参加できないといった場合にも用いることができ、その場合は「私は欠席させていただきますが~」のような使い方になります。

行くことができないと解釈することができますが、どこかに集合するといっただけの場合にはこの「欠席」とは使わずに、その他の表現でそれを伝える方が向いています。

「席」という言葉があるように、実際にそれに座ることはなくても、それなりの集会として開催される場面に参加できないといった時に使ってください。

「欠席させていただきます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「欠席させていただきます」は、参加できないと丁寧に回答している表現になります。

口語、文章のどちらでも問題なく使うことができ、ビジネスでも普通に用いることができます。

もっと丁寧な表現もありますが、こちらで誰に対しても失礼になることはなく、通常はこの前にどうして欠席するのかという理由を添えて使います。

相手からこのように使われた場合には、それに対して返答が必要であれば、「承知いたしました」とするのが一般的です。

そちらと似た表現で「了解しました」と返答することもできますが、この「了解」は基本的に上の立場から下へ納得したという意味で使われる表現なので、「欠席させていただきます」と伝えられた相手との関係からそれを理解した上で用いてください。

「欠席させていただきます」を使った例文

・『折角のお誘いですが、今回は日程の調整がつかず、申し訳ありませんが欠席させていただきます』
・『遠方への出張と重なってしまいましたので、そちらは欠席させていただきます』

「欠席させていただきます」の類語や言い替え

「出席することができません」
こちらでも失礼になることはありませんが、ビジネスにはあまり向いておらず、そのような場では「欠席させていただきます」の方が適しています。

「欠席させていただきたく存じます」
「欠席させていただきます」とより丁寧にした表現です。

畏まった場ではこちらの方が適していますが、無理にこう使うこともなく、ビジネスシーンでも「欠席させていただきます」の方で十分です。

まとめ

「欠席させていただきます」は、その会合などに参加することができないと相手に伝えるために使います。

ビジネスでもそのまま使える表現なので、是非覚えておきたい言葉です。

タイトルとURLをコピーしました