「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」とは? ビジネス用語

ここでは「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」とは?

「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」は、ようやく残暑が終わりを告げ、本格的に秋へと季節が変わるタイミングに使うことができる季節の挨拶表現です。

具体的な時期としては10月に入ったくらいがちょうどよく、そこから肌寒く感じるまでだと考えていいでしょう。

「清々しい」がちょうど過ごしやすい季節だという表現になっているため、そのような時期だからこそ使うことができ、冒頭の挨拶文の中で用いられます。

この後にご機嫌伺いになる文言を続けて文章にするもので、このような時期ならではのそれを作ることができます。

「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」は、今が快適な気候だという意味を多分に含んでいます。

暑くもなく、寒くもないシーズンなので、挨拶表現ではよくある、そのような季節なので身体を気遣って欲しいといった類いの文言を続けるという使い方には向いていません。

そのため、この後に続く表現が限られており、その性質からビジネスでの他社に対する挨拶文にとても適しています。

手紙のやりとりをするような親しい仲の挨拶にも向いており、以下で文章としての使い方をビジネスシーンで使われる場合、個人的なやりとりで用いる時の2つとも挙げていきます。

「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」を使った例文

・『清々しい秋晴れが続く昨今ですが、貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます』

・『清々しい秋晴れが続く昨今ですが、益々ご健勝のことと存じます』

「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」の類語や言い替え

・『秋の声が聞こえる美しい季節ですが』
この表現も、「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」と同様の時期ならではの挨拶表現です。

ここで使っている「美しい季節」がとても過ごしやすい時期の表現となっており、そこに「秋の声」とつけることで、10月頃のことを表しています。

・『秋晴の候』
「秋晴」という爽やかな表現を用いていることから、こちらも同様の季節の挨拶文に使うことができる表現です。

他の表現よりビジネスシーンに向いているため、この時期の送る他社へのメールでよく使われています。

まとめ

「清々しい秋晴れが続く昨今ですが」は、気持ちのいい秋の季節に使うことができる挨拶表現になります。

冒頭の挨拶文で用いるもので、そのような季節ならではの文章を作ることができ、ここから文章を始めれば失礼になることはありません。

タイトルとURLをコピーしました