「確認いたしました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「確認いたしました」とは? ビジネス用語

ここでは「確認いたしました」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「確認いたしました」とは?

「確認いたしました」は、きちんと確かめましたという意味で使います。

確かめた結果、問題ありませんでしたといった解釈で用いることもあり、「それについては既に確認いたしました」といったような使い方をした場合、その解釈になると考えていいでしょう。

そのような意味でしか使わない表現ですが、これだけで相手に問題は無かったということまで伝えることができるため、ビジネスシーンではよく用いられ、口語、文章のどちらでも使われています。

実際の使われ方は様々で、「きちんとランプが点くことを確認いたしました」といったような小さいことに対して使う場合から、「契約書類には何も問題がないことを確認いたしました」などと会社対会社になるような大きな事柄に対してまで用いることができ、誰に対して使っても問題のない丁寧な表現です。

「確認いたしました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「確認いたしました」は、そう使うことで確かめることが終了したといった使い方をすることもできます。

例えば、「15時に確認いたしました」と使った時には、15時にはそれが終わっているという解釈になり、それ以降のことは分からないながら、15時の時点では問題が無かったということを表現しています。

色々なことを確かめながら物事を進めるような時にはその都度使われることがあり、ビジネスシーンではよく見聞きする表現です。

少し崩すと「確認しました」となり、この形でも意味は同じで、目上の人や他社に対して使っても失礼になることはありませんが、この「確認いたしました」としても堅くなることもないため、特にビジネスシーンではわざわざ崩して使うこともありません。

「確認いたしました」を使った例文

・『それについてはこちらできちんと確認いたしました』
・『先日確認いたしましたが、その時には何も問題がありませんでした』

「確認いたしました」の類語や言い替え

・『確認いたします』
この「いたします」とした場合、きちんと確かめますといった解釈になります。

それが終わった後で「確認いたしました」と使える状況になると考えてください。

よって、「それについてはこれから確認いたします」のような使い方になります。

まとめ

「確認いたしました」は、きちんと確かめたという意味の表現です。

こう使った際には間違いなくそれを行ったという解釈になるため、ビジネスシーン向けの表現となっており、それを伝えるために他社に対して使われることが多いです。

タイトルとURLをコピーしました