「確認次第連絡ください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「確認次第連絡ください」とは? ビジネス用語

「確認次第連絡ください」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「確認次第連絡ください」とは?

「確認次第」「確認ができたら」「確認が取れたら」という意です。

例えば相手宛に送った品物の中身を確認したらとか、メールの内容を確認したらといった具合に使用します。

「確認次第」は文法的には「確認し次第」とか「確認でき次第」が正しいとされています。

しかし現実には「確認次第」も慣用的に使うことを黙認されており、話し言葉に限ると言い易さから「確認次第」の方が推奨されています。

「連絡ください」「連絡してほしい」「連絡をいただきたい」という意です。

よってこのフレーズは「確認が取れたら連絡していただきたい」という意味になります。

「確認次第連絡ください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは、「まずは確認してもらって、その上で連絡してほしい」という意なので、相手には二段階での依頼となっており、その行なう順番を伝える内容です。

すなわち、確認作業が一つ目で、連絡するのが二つ目の依頼内容ということです。

なお、このフレーズを使う前提として、この言いまわしの前に何を確認するかが述べられているか、あるいは相手が何を確認するのか認識していることが前提です。

またこのフレーズは対面だけでなく、メールや電話でも使用できます。

「確認次第連絡ください」の正しい敬語表現

「連絡ください」「連絡してくれ」「連絡がほしい」の意の丁寧な言いまわしです。

丁寧語を用いた表現ではありますが本来は「~してくれ」の意を持つ命令形の言いまわしですので、たとえ丁寧な表現とはいえ目上の人に使用するのは控えた方が無難です。

より丁寧な表現にしたい場合は、「ご確認次第お返事をいただければ幸いに存じます」などに言い替えられます。

「確認次第連絡ください」を使った例文

この言いまわしを使用した例文を以下に紹介します。

・『メールに資料を添付していますので、内容を確認次第連絡ください』
・『試作品を郵送したので、現物を確認次第連絡ください』

「確認次第連絡ください」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『確認後に改めてご連絡をお願いします』
・『確認後にもう一度ご連絡ください』
・『確認後に再度ご連絡ください』
「確認次第」「確認後に改めて」「確認後にもう一度」「確認後に再度」などと言い替えできます。

「連絡ください」をより丁寧な表現にするには、接頭語の「ご」をつけて「ご連絡ください」とします。

「ご連絡いただければ幸いに存じます」とするとさらに丁寧な言い回しとなります。

まとめ

この言いまわしは相手の状況に配慮して使用すると相手の要望に応えられる表現となりますが、自分の都合を優先した使い方をすると自分勝手な印象を与えてしまうため注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました