「興味をお持ちでしたら」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「興味をお持ちでしたら」とは? ビジネス用語

「興味をお持ちでしたら」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「興味をお持ちでしたら」とは?

この言いまわしの「興味」とはある対象に対する特別の関心のことの意です。

この「興味」に動詞の「持つ」を元の語にして尊敬語あるいは謙譲語の「お(ご)」を使って「お持ち」という敬語に変化させて「興味がありましたら」という敬語にしています。

よって、この言いまわしは「特別に関心を持っているのでしたら」という意になります。

なお、「興味」「関心」の違いですが、「興味」は物事に心を惹かれたり、面白みを感じたりすることに対し、「関心」は物事に注意を向けたり気にかけることを言います。

このようにニュアンスの違いがありますが、日常で使い分ける必要はありません。

「興味をお持ちでしたら」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは特にビジネスの場に限定されず、日常生活上でも普通に使われています。

用いられます。

この使われ方の例として一例を挙げると、たとえば私がある新商品を友人に紹介したとします。

その商品の特長や機能、価格、買った人の口コミ情報などを友人に伝え、友人に興味があるのなら、一度実際に使ってもらってもよいと考えた場合、このフレーズを使います。

その場合、「どうしてほしいか」といった内容の言葉が後に続き、「興味があるようでしたら一度お使いください」といった使い方になります。

「興味をお持ちでしたら」の正しい敬語表現

この言いまわしには接頭辞「お(ご)」が付加されており相手に敬意を示す敬語表現のため、いちおう目上の人に使用できます。

しかし、敬語のレベルが低いため、目上の人に使用する機会は少ないフレーズですが、どうしても使いたい場合は後ろに続く文章を敬語にして合わせて使用するようにしましょう。

たとえば、上述の例文のように後ろの文章を丁寧な言いまわしにすることでこの一文は敬語表現となります。

「興味をお持ちでしたら」を使った例文

この言いまわしを使用した例文を以下に紹介します。

・『もし、興味をお持ちでしたら声をかけてください』
・『興味をお持ちでしたら一緒に見に行きましょう』

「興味をお持ちでしたら」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『ご興味がありましたら〜』
・『興味をお持ちいただけましたら〜』
・『関心がございましたら〜』
・『気になったものがあれば〜』
・『お気に入りでしたら』
「興味」はある物事に特に心を惹かれ注意を向けることの意で、「関心」と同じような意味合いで使用されます。

「気になったもの」「お気に入り」は好みに合うことの意で、よい意味で興味を持つことを表わします。

なお、「ありましたら」「あるようでしたら」と言い替えができます。

まとめ

この言いまわしは、相手の関心の有無を問う時に用いる言いまわしです。

いちおう丁寧な表現ですが、目上の人に使うには敬語のレベルが低く、使用する機会は少なく、雑誌の記事や店の店員がお客様に対して用いることが多いようです。

タイトルとURLをコピーしました