「親睦を深めてください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「親睦を深めてください」とは? ビジネス用語

ここでは「親睦を深めてください」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「親睦を深めてください」とは?

「親睦を深めてください」は、自分以外の相手同士で歓談したり、人間関係を築いて欲しいといった意味になる表現です。

そのように書くと難しく感じてしまいますが、要は、仲良く話でもしてくださいという意味だと解釈してよく、自由に相手を見つけてそのようなことを行って欲しいと伝えています。

実際の使われ方としては、何かの会合の際に、主催者がそのため時間を設けて参加者にそう伝えるような場面が見られます。

そのような時に口語で使われることが多い表現ですが、文章で「当日は参加者同士で是非親睦を深めてください」などと使うこともでき、ビジネスの一環と言えるような場面から、プライベートでのサークル活動などでも用いられています。

「親睦を深めてください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「親睦を深めてください」は、そう使われた場で知り合った人と後にビジネスに発展したり、趣味の付き合いができたりといったことも特に珍しくないため、そういったことを期待しての表現だとも考えていいでしょう。

近年流行りの“異業種交流会”といったものはそのために開催されており、基本的に全ての時間がこの「親睦を深めてください」という場になっているものです。

そのような場や、先のような会合の中でのそのために用意された時間がこの表現に該当すると考えて構いませんが、もっと小規模な場に対して使うこともできるので、数人の間で「親睦を深めてください」のように用いられることもあり、自分以外の2人以上に対して使う表現になると考えておいていいでしょう。

「親睦を深めてください」を使った例文

・『これからのお時間でどうぞ親睦を深めてください』
・『食事会ではご参加の皆さまで是非親睦を深めてください』

「親睦を深めてください」の類語や言い替え

・『懇談されてください』
この「懇談」は、何かの参加者同士で話し合うことを表現する言葉ですが、実際には仲良くそれを行うという解釈で使われることが多く、「懇談会」という場がそういったことのために開かれるのは周知の通りです。

よって、「親睦を深めてください」とよく似た意味で使うことができ、「参加者の皆さまで楽しく懇談されてください」のように用いられます。

まとめ

「親睦を深めてください」は、ビジネスに絡む使い方をされることもある、何人かで仲良く話でもしてくださいといった解釈になる表現です。

そのための時間や場を設けて行われることが多く、基本的にそのように使った自分以外で行ってくださいという意味で使うことになります。

タイトルとURLをコピーしました