「診察結果は改めてご報告いたします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「診察結果は改めてご報告いたします」とは? ビジネス用語

ここでは「診察結果は改めてご報告いたします」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「診察結果は改めてご報告いたします」とは?

「診察結果は改めてご報告いたします」は、医師やそれに準じる医療従事者が何らかの診察を受けた患者に対して使う表現です。

「改めて」はその日ではないという解釈になるため、結果は後日になると伝えており、このように言われた患者の側は少なくとも当日にはそれを知ることができません。

「診察」と使っているため、医師や歯科医師が絡まないと使わない表現となっており、病院や医院を受診したとしても、検査技師による検査だけといった場合には用いることはできません。

「改めて」がいつになるのかはこれだけでは分からないので、そこまで知りたい場合には別に聞いてみるなどしないといけません。

「診察結果は改めてご報告いたします」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「診察結果は改めてご報告いたします」は、医師や歯科医師による診察の結果を後日に知らせると言っている表現のため、そのような診察を受けたことが前提になります。

どのような診察だったのかはこれだけでは分かりませんが、その日には結果が出せないためにこのように伝えられる訳なので、何か難しい判断が必要なのかも知れません。

ですが、必ずしもそうとは限らず、その日すぐには伝えないといった方針のこともあるため、このように伝えられたからと言ってもそれほど心配する必要はありません。

しかしながら、その結果については実際にそれを知ることができる時まで待つしかないので、その間に少しやきもきしてしまう間があるのは否めないかも知れません。

「診察結果は改めてご報告いたします」を使った例文

・『本日の診察結果は改めてご報告いたします』

・『一連の検査を含めた診察結果は改めてご報告いたします』

「診察結果は改めてご報告いたします」の類語や言い替え

・『検査結果は改めてご報告いたします』
こちらは何かの検査を受けた結果が後日になるという表現になり、医師や歯科医師から直接診察を受けた場合以外にも使われます。

また、医療に限らず、検査と言える何かを受けたその結果を伝えられる時にも用いることができるので、例えば、自動車の検査に対しても使うことができ、使い道が広い表現です。

まとめ

「診察結果は改めてご報告いたします」は、医師や歯科医師が絡んだ診察の結果が伝えられるのは後日になるといった解釈になります。

それがいつになるのかは別に聞いてみないと分からず、少なくとも当日中には提示されないことが表現によって分かるという具合です。

タイトルとURLをコピーしました