「貴社におかれまして」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「貴社におかれまして」とは? ビジネス用語

ここでは「貴社におかれまして」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「貴社におかれまして」とは?

「貴社におかれまして」は、ビジネスでの挨拶文で使われる表現です。

よく見る使い方は、この前に季節に合った挨拶表現をもってきて、後にその会社の発展を祈るような文言をつける形です。

これで冒頭の挨拶として使える文章になり、ビジネスシーンでの会社間のやりとりではよく見掛ける定型文です。

相手の会社を表す意味がありますが、それは特に考える必要はなく、挨拶文として相手の会社を持ち上げるような解釈の文章を作るための文言の一部です。

先のように必ず冒頭で使われるもので、その後から肝心の本文への繋がるため、この「貴社におかれまして」を使った挨拶文自体がそちらへの導入となるクッションの役割を果たします。

「貴社におかれまして」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「貴社におかれまして」は、前述のようにその前に季節ごとに挨拶表現をつけることが多いですが、この後に「は」とつけて、更に「益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます」などと続けるだけで立派なでビジネスの冒頭の挨拶文になります。

ビジネスメールや案内状の最初の一文がこれだという場合も多く、この前の季節感を出す表現は無理につける必要はありません。

このように、定型文の一部として使われる表現のため、実際の文章にした形で覚えてしまうのが一番です。

上のこの後に「益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます」と続ける形がビジネスでは一番一般的と言えるので、こちらは是非覚えておきましょう。

「貴社におかれまして」を使った例文

・『貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます』
・『風薫るさわやかな季節を迎えまして、貴社におかれましては益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます』

「貴社におかれまして」の類語や言い替え

「御社におかれまして」
この「御社」「貴社」は、どちらも相手の会社を表現するために使う言葉です。

文章で使う場合には「貴社」とするのが一般的で、あまりこの「御社におかれまして」とは用いませんが、このように使っても間違いという訳ではないため、一応の類似表現として挙げていきます。

逆に、「貴社」は文章専門の表現なので、口語で使うことはまずありません。

それは、同じくビジネスで使われることの多い「帰社」「記者」などと発音が一緒で紛らわしいためです。

まとめ

「貴社におかれまして」は、ビジネスにおける冒頭の挨拶文に組み込んで使われる相手の会社自体を表す表現です。

挨拶文の一部になる文言なので、その文章自体を作って覚えてしまうのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました