「貴社のご都合に合わせます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「貴社のご都合に合わせます」とは? ビジネス用語

「貴社のご都合に合わせます」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「貴社のご都合に合わせます」とは?

この語句は、先方の判断に委ね、先方の予定に支障がない日程や工程計画などを立案しても構わないことを伝える丁寧な表現です。

この語句は「貴社の」「ご都合」「合わせます」で構成されています。

「貴社」は相手の会社を表わす尊敬語で、別の言い方に「御社」があります。

この二つの言葉は意味合い的には同じですが、「御社」が話し言葉、「貴社」が書き言葉なので注意しましょう。

「ご都合」は予定を調整することの意、「合わせます」「食い違いのないように他のものに一致させる」「一致するように物事を行なう」の意です。

「貴社のご都合に合わせます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この語句の「合わせる」の敬語での使い方は大変重要です。

「合わせる」を敬語としてではなく、日常会話として頻繁に使用している場合は、「合わせます」「ご指定いただく」に言い替えて「合わせます」と同じような意味で使用するとよいでしょう。

自分の方が先方に合わせるということを伝えるのではなく、「ご指定いただく」という敬語表現で先方側に選択の権利を与えることが可能になります。

また、別の言い替えとして「お時間につきましては」という語句を用いることによって「合わせる」よりも丁寧な時間調整の質問が可能となります。

なお、「貴社」は書き言葉ですので、この言いまわしは主にメールで使用します。

「貴社のご都合に合わせます」の正しい敬語表現

この語句は上述の通り、「貴社の」「ご都合に」「合わせます」で構成されています。

「ご都合」「ご」は先方の動作や状態を敬う尊敬語の接頭辞、「に」は助詞、「合わせます」は動詞「合わせる」の丁寧語で正しい敬語表現です。

この語句は尊敬語と丁寧語がありますので、目上の人に使えます。

ただし、「ご都合に合わせますよ」という言い方をすると、先方にとって上から目線で予定を合わしてあげるという意に取られる可能性があります。

このようなことを避けたい場合は「ご指定ください」という語句を使用しましょう。

「貴社のご都合に合わせます」を使った例文

この語句を使った例文を以下に紹介します。

・『打ち合わせのスケジュールは、貴社のご都合に合わせます』
・『貴社へのご訪問日程は、そちらのご都合に合わせます』

「貴社のご都合に合わせます」の類語・言い替え

この語句の類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『貴社のご都合のよい日にしていただいて差し支えございません』
・『貴社のご都合にお任せします』
・『貴社のご都合のよろしい時をご指定ください』
「差し支えございません」は支障がないという意で、「大丈夫です」「構いません」という意味合いです。

「お任せします」は相手を信頼して委ねるという意で、先方の意向に沿う考えを示し、「ご指定ください」「合わせます」の持つ上から目線のニュアンスを避けたい時に用います。

まとめ

この語句は「先方の都合のよいようにしても構わない」と伝える際の敬語表現です。

ただし、上から目線での語句と間違われる可能性もあるため、先方や状況によって別の語句も使えるようにマスターしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました