「貴重なお時間を割いていただき」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「貴重なお時間を割いていただき」とは? ビジネス用語

ここでは「貴重なお時間を割いていただき」の使い方や言い替えなどを詳しく見ていきます。

「貴重なお時間を割いていただき」とは?

「貴重なお時間を割いていただき」は、自分(たち)のために時間をとってくれたお礼として使う表現です。

ビジネスシーンの色々な場面で使われており、飛び込みで営業に訪れた会社で話を聞いてくれるとなった際に、そのお礼として最初にこのように使うケースや、最後のまとめの挨拶としても多用されています。

使い方によってこの先の語尾になる部分や前につける言葉が変わってくるものの、どのような場合でもこの表現を使って失礼になることはなく、ビジネス以外の場面でも使われることがあります。

逆に言えば、こう使っておけばいいという言わば定型表現とも考えることができ、そのような1つだと解釈しても構いません。

「貴重なお時間を割いていただき」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「貴重なお時間を割いていただき」は、口頭ではある会合があったとすると、その冒頭、もしくは最後に使うことができます。

冒頭の挨拶にするのであれば、最初に「本日は~」と使う形で、最後の挨拶にする場合も形は同じですが、語尾で「ありがとうございました」とするとちょうどそれに合います。

文章で使うこともできますが、その場合は「先日は~」のように既に起こったことに対して使うことがほとんどで、いずれのケースでも先のように定型表現として用いられています。

このようなそのまま覚えてしまって使う表現は、意味を理解しておいた方がいいのは間違いありませんが、それよりも正しく使える場面を覚えておく方が実用的だと言うことができます。

「貴重なお時間を割いていただき」を使った例文

・『本日は貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございます』
冒頭の挨拶の場合
・『貴重なお時間を割いていただきまして、誠にありがとうございました』
最後の挨拶の場合
・『先日は貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました』
後日に使う場合

「貴重なお時間を割いていただき」の類語や言い替え

「ご多忙の中お時間を割いていただき」
ビジネスシーンではこちらの表現を使うことも多いです。

意味はほぼ一緒で、使える場面もほとんど変わりません。

少しだけ「貴重なお時間を割いていただき」より堅い表現になりますが、そこまで気にすることなく、同様に使えると考えていいでしょう。

まとめ

「貴重なお時間を割いていただき」は、主にビジネスシーンにおける挨拶の定型表現として用いられています。

もちろんきちんとした意味がありますが、それはあまり気にせずに決まった挨拶として使われています。

タイトルとURLをコピーしました