「近くにお越しの際は」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「近くにお越しの際は」とは? ビジネス用語

ここでは「近くにお越しの際は」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「近くにお越しの際は」とは?

「近くにお越しの際は」は、ビジネスでは自社の近くまで来た時にはという意味で使われることが多く、プライベートでも自宅の近くまで来た時にはという使い方になることがほとんどです。

その意味を踏まえて、この後に「是非お立ち寄りください」などの文言が続くことがほとんどで、要は近くまで来た時には顔を見せて欲しいという使われ方になります。

普通に使われることはあまりなく、ビジネスシーンでは移転があって勤務先が変わったような場合に、その近くまで来た時にはといった具合で用いられることが多く、プライベートでも引越しをした時でもないと使うことはないでしょう。

つまり、以前とは居場所が変わったため、そちらの近くに来た時には是非立ち寄ってくださいといった使い方をするための表現です。

「近くにお越しの際は」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「近くにお越しの際は」の意味や使い方は先の通りですが、本当に立ち寄って欲しいと思って使うことは少なく、言わば社交辞令としての表現になります。

普通に使うことはあまりないと書きましたが、実際にもその通りで、移転によって勤務先が変わったり、プライベートで引越しをしたような際に、その連絡と共に礼儀として添えられるものです。

そのため、このように使われた側もそこまで気にすることはなく、社交辞令として受け取るものです。

丁寧にするために、ほとんどの場合でこの前に「お」をつけて使うもので、口語ではあまり使われない表現です。

文章でその移転などのお知らせと共に用いられるのが通例で、ビジネスではその移転などのためにこの表現を使う相手とまず接点が無くなってしまうような場合でも、礼儀として添えておくものです。

「近くにお越しの際は」を使った例文

・『この度、下記の住所へ移転いたしましたので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください』
・『先の住所に引越しをしましたので、お近くにお越しの際はご連絡をいただけますと嬉しいです』

「近くにお越しの際は」の類語や言い替え

・『お近くをお通りの際は』
よく似た形ですが、こちらはビジネスシーンではあまり用いられず、BtoCでお店がお客様に対して使うことが多い表現です。

その時には店舗が移転した、新しく店舗を展開したといったような場合に、その近くを通った際には是非立ち寄って欲しいといった使われ方になります。

まとめ

「近くにお越しの際は」は、社交辞令として近くまで来た時には立ち寄ってくださいといった使い方をするための表現です。

礼儀として使うものなので、意味自体はそこまで深く考える必要はありません。

タイトルとURLをコピーしました