「選んでください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「選んでください」とは? ビジネス用語

「選んでください」のビジネスおける使い方や注意点類語や言い替えについて分かりやすく解説して行きます。

「選んでください」とは?

「選んでください」というのは、複数の選択肢があるときに、相手にどれにしますか?という判断を催促して、相手の意思を確認する際に使う言葉です。

もちろん、日常生活でも多く使う言葉ですが、ビジネスにおいてもよく使われます。

「選んでください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスで「選んでください」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

例えばメールで、あなたの上司から今週会議があるのだけれど、火曜日と金曜日どちらがいいか選んでください。

と日程の選択を催促される。

また、あなたが勤務先の休み時間などに、同僚にお菓子をあげる場合など、チョコレートとクッキーどちらがいいか選んでください。

と相手がどっちを食べたいのかという意思の確認をする際に使います。

「選んでください」を使う際の注意点ですが、相手がどの選択肢を選択しても構わない。

というときに使用することです。

意にそぐわない選択肢が入っているのに「選んでください」を使ってしまい、相手がその選択肢に決めてしまうとも限りません。

もしも、そうなった場合には、あとで訂正などをすれば済みます。

ですが、その後の決定がスムーズに行われるためには、できれば避けておくのが無難です。

特にそのあたりの注意が必要になります。

「選んでください」を使った例文

以下に「選んでください」の例文を挙げます。

・『好きな曜日を選んでください』
・『どちらにするか選んでください』
・『どこに行くか選んでください』
・『何をするか選んでください』
・『嫌いな色を選んでください』
などが挙げられます。

「選んでください」の類語や言い替え

「選んでください」の類語や言い替えについて解説します。

「選んでください」の類語には、採択、選考、選り分ける、選分などがあります。

次に言い替えについて挙げてみます。

「選定してください」「セレクトしてください」「選出してください」「チョイスしてください」などが挙げられます。

「選んでください」には、比較的多くの類語や言い替えがあります。

まとめ

このように「選んでください」は、日常生活においてはもちろん、ビジネスシーンにおいても多く使えます。

また、類語も比較的多いです。

このため言い替えのパターンも色々あります。

つまり、使用頻度も多く、他の人と少し違う言い方をすれば、周りからの注目度がアップして、一目置かれるようになるでしょう。

しかし、注意しなくてはいけない点があります。

それは選択肢に、自分の意思にそぐわないものは、なるべく入れない方が良いです。

「選んでください」は、とても便利なのでぜひ覚えてください。

タイトルとURLをコピーしました