「陰ながら見守っております」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「陰ながら見守っております」とは? ビジネス用語

「陰ながら見守っております」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や例文を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「陰ながら見守っております」とは?

この言い回しの「陰ながら」「よそながら」「ひそかに」「人知れず」という意になります。

また「見守る」「じっと見つめること」「無事であるように注意深く見ること」という意味です。

よってこの言い回しは「ひそかに陰に隠れてじっと見つめること」「人知れずこっそり隠れて注意深く見ること」といった意味合いを持つ副詞です。

なお「陰」「物のうしろの、暗いまたは隠れたところ」を意味します。

これにより、無事を祈るといったニュアンスは含まれますが、あくまで心情的に心配するだけで自分の力でどうにかなることではないという意味合いも含んでいます。

「陰ながら見守っております」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

まず「かげながら」ですが、漢字表記には「陰ながら」「影ながら」の2通りがあります。

このフレーズの場合に正しいのは「陰ながら」で、「影ながら」は誤用です。

本来、「影」は物を光で遮ってできる黒い部分のことを言います。

これにより「陰ながら」が意味する「目には見えない場所に隠れて」という意味合いをこのフレーズが持つことに対して、「影」にはそういうニュアンスはありません。

次に使い方ですが、ビジネスでも日常生活でも使えます。

このフレーズは基本的にプラス志向の言葉で、この他にも「~応援します」「~支えます」「お祈りしています」も同様です。

ただし、表立ってではなく裏方として何かするという意味合いのため、同僚や家族、友人などに使うと積極的にはしないというニュアンスにとられる恐れがあります。

また頻繁に顔を合わせる人にも「陰ながら」を使用するのは適していません。

「陰ながら見守っております」を使った例文

・『彼の活躍を陰ながら見守っております』
・『受験勉強頑張って!陰ながら見守っています』

「陰ながら見守っております」の類語や言い替え

このフレーズに類似した言葉や言い替えの一例を紹介します。

・『人知れず見守っています』
・『そっと見守っています』
・『こっそりと見守っています』
・『陰ながらご支援いたします』
・『陰ながら尽力いたします』
「人知れず」「人に知られないように」「ひそかに」の意です。

「そっと」「静かに」「他人に気づかれないように」の意、「こっそり」「他人に気づかれないように」の意となります。

「ご支援いたします」「尽力いたします」「見守る」の言い替えとなります。

まとめ

「陰ながら」「こっそり」「ひそかに」という意味があり、目上の人に使う場合は尊敬の念が伝わるように用いましょう。

タイトルとURLをコピーしました