「お体を大切にされてください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お体を大切にされてください」とは? ビジネス用語

メールの締めに使われる「お体を大切にされてください」

特に意味を考えず送っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは「お体を大切にされてください」の意味と正しい使い方について解説していきます。

「お体を大切にされてください」使い方は正しい?

実はこの「?されてください」という言葉はあまり適切な使い方とは言えません。

「される」は確かに「する」の尊敬語です。

ただ受け身の形であるため後ろに「ください」がつくのは誤りとされているからです。

「する」にはもう一つ尊敬語、「なさる」があります。

そのため、「?されてください」ではなく「?なさってください」の方が使い方として適切ということになります。

「お体を大切になさってください」とは、一体どういう意味?

この言葉にはメールの送信相手や会話中の相手の健康を気遣うという意味があります。

季節の変わり目であれば「暑い日が続きますが?」「冷え込む季節となっていきましたので?」などを前につけるとよいでしょう。

他にも「ご多忙の毎日?」のように忙しい相手を気遣う文にすることもできます。

同じ意味で使われる「お体に気をつけてください」ですが、こちらより「お体を大切になさってください」の方が、より相手の健康を気遣っていることを伝えられます。

なので目上の人や取引先の方には、こちらを使用する方がよいでしょう。

「お体を?」の「からだ」適切なのは体?身体?

パソコンなどで「からだ」と打った時、「体」「身体」が出ることがありますよね。

「お体を?」「からだ」はどちらの漢字が適切なのでしょうか。

結論から言うと「体」が適切です。

実は常用漢字として「からだ」「体」として表記され、「身体」「しんたい」と読まれます。

なのでビジネスの場でメールを出す場合、「からだ」「体」と表記する方が良いでしょう。

なので使い方としては「身体」ではなく「体」という書き方のほうが適切といえます。

ただ、意味としては同じなのでもし間違えて「身体」で送ってしまったとしても誤った意味に捉えられることはありません。

ですが大事なメールで間違わないためにも、確認する癖をつけていた方が良いでしょう。

まとめ

相手の体を気遣う締めの言葉の適切な使い方についてご理解いただけましたでしょうか。

ビジネスの場で使う時は極力「お体を大切になさってください」の方を使う方にしたいですね。

また、まだ敬語に慣れていない段階ならまだしも、社内の重要なメールを任され始める頃にはしっかりとした文章を書けるようにしたいですよね。

その時折の状況も織り交ぜながら、ワンランク上のビジネスメールを送れるようにしましょう。

ールの締めに使われる「お体を大切にされてください」。

特に意味を考えず送っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは「お体を大切にされてください」の意味と正しい使い方について解説していきます。

「お体を大切にされてください」使い方は正しい?

実はこの「?されてください」という言葉はあまり適切な使い方とは言えません。

「される」は確かに「する」の尊敬語です。

ただ受け身の形であるため後ろに「ください」がつくのは誤りとされているからです。

「する」にはもう一つ尊敬語、「なさる」があります。

そのため、「?されてください」ではなく「?なさってください」の方が使い方として適切ということになります。

「お体を大切になさってください」とは、一体どういう意味?

この言葉にはメールの送信相手や会話中の相手の健康を気遣うという意味があります。

季節の変わり目であれば「暑い日が続きますが?」「冷え込む季節となっていきましたので?」などを前につけるとよいでしょう。

他にも「ご多忙の毎日?」のように忙しい相手を気遣う文にすることもできます。

同じ意味で使われる「お体に気をつけてください」ですが、こちらより「お体を大切になさってください」の方が、より相手の健康を気遣っていることを伝えられます。

なので目上の人や取引先の方には、こちらを使用する方がよいでしょう。

「お体を?」の「からだ」適切なのは体?身体?

パソコンなどで「からだ」と打った時、「体」「身体」が出ることがありますよね。

「お体を?」「からだ」はどちらの漢字が適切なのでしょうか。

結論から言うと「体」が適切です。

実は常用漢字として「からだ」「体」として表記され、「身体」「しんたい」と読まれます。

なのでビジネスの場でメールを出す場合、「からだ」「体」と表記する方が良いでしょう。

なので使い方としては「身体」ではなく「体」という書き方のほうが適切といえます。

ただ、意味としては同じなのでもし間違えて「身体」で送ってしまったとしても誤った意味に捉えられることはありません。

ですが大事なメールで間違わないためにも、確認する癖をつけていた方が良いでしょう。

まとめ

相手の体を気遣う締めの言葉の適切な使い方についてご理解いただけましたでしょうか。

ビジネスの場で使う時は極力「お体を大切になさってください」の方を使う方にしたいですね。

また、まだ敬語に慣れていない段階ならまだしも、社内の重要なメールを任され始める頃にはしっかりとした文章を書けるようにしたいですよね。

その時折の状況も織り交ぜながら、ワンランク上のビジネスメールを送れるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました