「お取り計らいいただけますと幸いです」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お取り計らいいただけますと幸いです」とは? ビジネス用語

「お取り計らいいただけますと幸いです」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や例文を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「お取り計らいいただけますと幸いです」とは?

「お取り計らい」「物事がうまく進むように気を使って処理してくれること」「相手のことを気遣ってあれこれと便宜を図って対処してくれること」の意です。

「取り計らい」に尊敬の意を表わす接頭辞「お」がついた敬語表現となっています。

「いただけますと」「もらう」の丁寧語で、「もらえれば」といった意味合いになります。

「幸いです」「望ましいこと「ありがたいこと」の意の「幸い」に丁寧語の「です」がついた語句で「私は嬉しいです」「助かります」という意です。

よってこの言い回しは「物事がうまくいくようにあれこれと便宜を図ってもらえると嬉しいです」という意味合いになります」


「お取り計らいいただけますと幸いです」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「お取り計らい」は敬語表現なので目上の人にも用いられます。

ただし、依頼の際に使用すると指図した印象がありますので注意してください。

また、「お取り計らい」の前に「お手数をお掛けしますが」「誠に勝手を申し上げますが」といったクッション言葉を加えると、より丁寧な印象を与えられますので使ってみたらいかがでしょうか。

「お取り計らいいただけますと幸いです」を使った例文

・『納期の件、お取り計らい頂けますと幸いです』

「お取り計らいいただけますと幸いです」の類語や言い替え

このフレーズに類似した言葉や言い替えの一例を紹介します。

・『ご配慮いただけますと~』
・『お気遣いいただけますと~』
・『ご尽力いただけますと~』
・『ご高配いただけますと~』
・『お力添えいただけますと~』
「ご配慮」「気配り」を意味する語句です。

相手に対する感謝の意を表わすと同時に今後相手に気を配ってほしいとお願いするときに使用できます。

「お気遣い」「お取り計らい」とは異なり相手に感謝の意を伝えたいときに使用する語句です。

「ご尽力」は何かを達成するために力を尽くすこと」を意味します。

目上の人などから協力してもらった際に使用します。

「ご高配」「ご配慮」と同じ使い方になりますが、自分からの気遣いに対してはこの語句は使用できません。

「お力添え」「手助け、支援する」を意味する語です。

「お取り計らい」の方が丁寧な言葉になるため、状況に応じて使用するようにしましょう。

まとめ

このフレーズは相手から「何かを貰う」「してもらう」時に使う言葉です。

ビジネスにおいてもよく使われる言葉ですが、「特別な扱い」といニュアンスがあります。

よって相手に失礼のないように言葉の意味をしっかり理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました