「お時間をいただくことは可能でしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お時間をいただくことは可能でしょうか」とは? ビジネス用語

ここでは「お時間をいただくことは可能でしょうか」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「お時間をいただくことは可能でしょうか」とは?

「お時間をいただくことは可能でしょうか」は、その相手に時間をとってもらいたいとお願いするために使う表現です。

この前に何にその時間が必要なのかということを添えて、それが可能かどうかを相手に尋ねています。

「可能」かと使っていることから、少し直接的な表現となっており、以下で紹介するいくつかの類似表現の中でもその時間が欲しいと比較的強く伝えたい場合に使われます。

また、何に時間が掛かるのかといったこと以外に、どれくらい時間を必要なのかも一緒につけて使うものです。

具体的な日数などが分からない場合には、「少し」「少々」などとしても構いません。

「お時間をいただくことは可能でしょうか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「お時間をいただくことは可能でしょうか」は、ビジネスシーンで時間が必要だという場合に使われる表現です。

先のように少し強くそれを伝えている表現になるため、相手によって下の類似表現も含めて使い分けるといいでしょう。

カジュアルとまでは言いませんが、BtoCのようなエンドユーザーに対して使うにはあまり向いておらず、謙譲表現ながらそこまで丁寧な使い方ではありません。

口語、文章のどちらでも問題なく使うことができますが、これに対する相手からの返答がないとそれから先の作業などに進めないため、一時的にその返事待ちという状況になります。

「お時間をいただくことは可能でしょうか」を使った例文

・『もう少し掛かりそうなので、あと2日ほどお時間をいただくことは可能でしょうか』
・『急ぎで作業をしておりますが、もう少しお時間をいただくことは可能でしょうか』

「お時間をいただくことは可能でしょうか」の類語や言い替え

・『お時間をいただけますでしょうか』
表現的に少しマイルドにした形です。

その分、相手に対して時間が欲しいと伝える意図が若干弱くなりますが、ビジネスではこちらの方が角が立つことがなく、使いやすい表現です。

・『お時間を頂戴できますでしょうか』
時間が欲しいことを丁寧にして伝えている表現で、BtoCの場面ではこちらが一番向いています。

それだけ丁寧に伝えるべき相手に対して使われるので、ビジネスでもそのような対応が必要な場合にはこちらを選ぶといいでしょう。

まとめ

「お時間をいただくことは可能でしょうか」は、見た目のまま何かのために時間が欲しいと相手にお願いしている表現になります。

その時間がとれるかどうかはこの後の相手の返事次第になり、一時的に返事待ちになると覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました