「ご説明が不十分となりましたこと」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご説明が不十分となりましたこと」とは? ビジネス用語

この記事では「ご説明が不十分となりましたこと」について解説をします。

「ご説明が不十分となりましたこと」とは?意味

説明に足りないところがあって、わかりにくいところがあって、という意味です。

「ご説明」「説明」「ご」をつけて、敬意を表す言い方にしたものです。

「説明」には、ある事柄を相手にわかるように伝えることという意味があります。

「ご」は他人に対する行為を表す語について、その行為が及ぶ相手に敬意を表します。

この場合は、説明をしたのは話し手側で、敬意を表す対象は説明を受けた人です。

「不十分」「十分」「不」で否定したもので、不足している、完全でないという意味です。

「なりました」は、「なる」「ます」「た」をつなげています。

「た」は過去や完了の意を表す語で、すでにあることが現実となっています。

「ご説明が不十分となりましたこと」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、話し手側の説明が足りなかったときに使用をします。

「こと」の後には謝罪の言葉が続くことが多いです。

説明が十分でないと、誤解を与えてしまったり、わからないところがでて何らかの行動をとることができなかったりなど、相手に不都合な事態が生じます。

迷惑をかけてしまうので、後には謝罪の言葉が続くのです。

たとえば、このような場面で使用をします。

建築会社が建築予定地周辺の住民に対して説明会を開いたとします。

この説明会では、建物を建てることによるメリットやデメリットを説明しました。

会社としては十分に伝わるように努力をしたのですが、住民たちは誤解をしてしまった点があるようです。

そのことについて謝罪をしたいと思いました。

そういったときに使用をする言葉です。

「ご説明が不十分となりましたこと」を使った例文

・『ご説明が不十分となりましたこと、深くおわびいたします』

「ご説明が不十分となりましたこと」の返答や返信例

この後には、謝罪の言葉が伝えられるはずです。

前に説明があった事柄について、もう一度説明がされる場合もあります。

説明がされた場合には、その話を聞いたり読んだりしましょう。

今度は理解できるように説明をしてくれるはずです。

しかし、それでも理解できないところがあったなら、質問をするようにしましょう。

誤解をしないために、十分な説明をするように求めて、理解できるように努めます。

まとめ

この言葉は、説明が十分でなかったために、不都合が生じたときに使用をします。

話し手側の伝え方に問題があると、このような事態になってしまいます。

相手の理解力の問題もあるでしょうが、話し手側にも問題があるので、謝罪の言葉も一緒に述べましょう。

タイトルとURLをコピーしました