「よき新春をお迎えのことと」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「よき新春をお迎えのことと」とは? ビジネス用語

ここでは「よき新春をお迎えのことと」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「よき新春をお迎えのことと」とは?

「よき新春をお迎えのことと」は、新年の挨拶表現として使われます。

いい新年を迎えていることだと思っています、という解釈で使う表現になり、この後は「存じます」のような締め方をして文章にて用いられます。

そこまでで定型文と言える形になり、年が明けて新年の最初の連絡になる時に、その冒頭の挨拶文として使うものです。

プライベートで親しい間柄の相手に使われることが多い表現ですが、ビジネスシーンでもその相手に対して個人的に用いることができ、どちらの場合もこの後に続ける内容へのクッションとなります。

新年ならではのクッション表現のため、使うタイミングを逸してしまうことのないように注意してください。

「よき新春をお迎えのことと」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「よき新春をお迎えのことと」は、新年を迎えて10日くらいまでに使うのがちょうどいいタイミングになります。

よって、ビジネスシーンでは新年の営業を開始してからすぐに使うとよく、プライベートなシーンでもなるべく早く用いるものです。

年賀状に使うこともできるので、そちらで見掛けることも多く、その場合はこの前に「明けましておめでとうございます」と定番の表現をつけて使うのが一般的です。

また、年賀状の場合に限り、先のようにこの後に「存じます」と続けると少しおかしくなってしまうため、その時には「お慶び申し上げます」のような文言にするといいでしょう。

この使い方は年賀状以外でも問題なく、ビジネス、プライベートの共に文章専門の表現となるため、口語で用いることがありません。

「よき新春をお迎えのことと」を使った例文

・『そちら様におかれましては、よき新春をお迎えのことと存じます』
・『明けましておめでとうございます。

お健やかによき新春をお迎えのこととお慶び申し上げます』

「よき新春をお迎えのことと」の類語や言い替え

・『輝かしい新年をお迎えのこと』
こちらも同様に使うことができる表現になります。

やはり定型表現となり、相手個人に対して用いる新年の挨拶表現です。

年賀状に使う場合、見た目からこちらの方が向いているため、そちらでは「よき新春をお迎えのことと」よりこの表現を見掛けることが多くなっています。

まとめ

「よき新春をお迎えのことと」は、新年の挨拶に使われる表現の1つです。

年賀状にも使うことができ、メールなどで年始の挨拶として使う場合には、タイミング的に10日くらいまでに用いるものです。

タイトルとURLをコピーしました