「二度とこのようなことがないよう」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「二度とこのようなことがないよう」とは? ビジネス用語

ここでは「二度とこのようなことがないよう」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「二度とこのようなことがないよう」とは?

「二度とこのようなことがないよう」は、何かの過失を犯してしまった、または見通しが甘かったために失敗してしまったといった時に、同じことを繰り返さないようにしますといったお詫びに用いられる表現になります。

口語、文章のどちらでも使うことができ、「二度とこのようなことがないよう、厳重に注意いたします」のような文章にして、犯してしまった過ちに対するお詫びとして使われます。

「二度と」としていることから、その過ちが初めてしてしまったことの場合にのみ使える表現で、以前と同じことをまたやってしまったという場合には使うべきではありません。

それは、同じことをやっているのに「二度と」などと用いても、全く信用に値しないからです。

「二度とこのようなことがないよう」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「二度とこのようなことがないよう」は、もう同じ失敗はしませんと言っている表現になるため、このように使ったからには本当にそうはしないように今後は十分に注意する必要があります。

使われた方も、このように言われればもう同じことはしないだろうと考えており、本当にそうしないとこの表現を使ったことが嘘になってしまいます。

そのような表現のため、ちょっとした失敗程度で使うには重い表現になるので、比較的大きなことでそれなりの迷惑を掛けてしまったという場合に用いるものです。

前述のように、後に「一層注意いたします」などと、今後はそうしますという表現を続けて、直接のお詫びの表現はこの前に持ってきてください。

その具体的な例は以下の例文で挙げていきます。

「二度とこのようなことがないよう」を使った例文

・『この度は大変申し訳ありませんでした。二度とこのようなことがないよう、厳重に注意いたします』
・『ご迷惑を掛けてしまいまして、お詫びの言葉のございません。二度とこのようなことがないよう、社員一同気を引き締めて対応に当たらせていただきます』

「二度とこのようなことがないよう」の類語や言い替え

・『同じことを繰り返しませんよう』
もう同じことは繰り返さないと伝えるための表現で、「二度とこのようなことがないよう」の言い替え表現になります。

使い方や意味は一緒なので、こちらを使っても構いません。

まとめ

「二度とこのようなことがないよう」は、同じことをもう二度としないと伝えるための表現になります。

犯してしまった間違いに対してのお詫びになりますが、例文のようにその直接のお詫びの表現と合わせて使ってください。

タイトルとURLをコピーしました