「今後ともよろしくお願いいたします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「今後ともよろしくお願いいたします」とは? ビジネス用語

ここでは「今後ともよろしくお願いいたします」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「今後ともよろしくお願いいたします」とは?

「今後ともよろしくお願いいたします」は、その相手との付き合いを今度も継続していきたいという意志を伝える意味がある言葉です。

文末の挨拶に使われることの多く、特にビジネスシーンではよく用いられ、本当に今後も付き合っていきたいと思っている相手だけでなく、言わば礼儀として使われているケースも多いです。

よって、一緒の社交辞令ともとれる言葉なので、そこまで意味を気にせずに気軽に使うことができます。

口語でも使えなくもありませんが、主にメールなどの文章で用いられるもので、この表現を以ってその文章を終わらせるといったことが多いです。

「今後ともよろしくお願いいたします」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「今後ともよろしくお願いいたします」は、ビジネスメールでは多用されている表現です。

ただし、そのメールで一応の完結となる場合に用いるもので、何かの回答を要求しているような時には使いません。

つまり、この言葉で締めとするため、相手からこれが最後にあるメールが届いたとしても、返信の必要はありません。

このような言葉なので、考えようによっては返信は不要だという意図があるとも考えることができます。

実際にも、続いているメールのやりとりを終わらせるためにどこかでこの言葉を使うといったことがあり、そういった用い方もできる便利な言葉です。

「今後ともよろしくお願いいたします」を使った例文

・『今回はどうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします』
・『またお会いできることを楽しみにしております。今後ともよろしくお願いいたします』

「今後ともよろしくお願いいたします」の類語や言い替え

「これからもよろしくお願いしいたします」
使えるシチュエーションや意味自体は同じですが、少しカジュアルにした表現です。

何度か文章のやりとりをした間柄であれば、こちらを使っても構いませんが、それが初めての相手の場合、これよりも丁寧な「今後とも~」の方を使った方がいいでしょう。

「以後ともよろしくお願いいたします」
こちらは少し堅くした表現になります。

ビジネスシーンではこちらが使われることも多く、相手の方が年上の場合には、「今後ともよろしくお願いいたします」より適している表現になります。

まとめ

「今後ともよろしくお願いいたします」は、文末の挨拶の表現になる言葉です。

この言葉で締めとなるため、この後の返信は必要なく、何かの返信が必要だという場合には使わないように注意してください。

タイトルとURLをコピーしました