「大変光栄です」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「大変光栄です」とは? ビジネス用語

ここでは「大変光栄です」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「大変光栄です」とは?

「大変光栄です」は、とても嬉しく思います、といった解釈になる表現です。

自分より目上の人に対して用いる表現で、単に嬉しいと感じた場面で使うものではなく、何かの活躍を評価されたり、賞などを与えられたといった時に、それをとても嬉しく思ったという感情から使われます。

そのため、それほど使う機会がある表現ではありませんが、ビジネスシーンで大きな役目を与えられたり、上の役職に抜擢されたような場合にも用いることができ、そのような使い方も多く見られます。

それを嬉しいと思って使う表現になるため、基本的には与えられることになる賞や役職などをそのまま受けことになる時に用いますが、「大変光栄ですが」と語尾に「が」をつけることで、とても嬉しくは思うものの、それは辞退したいといったような使い方をすることもできます。

「大変光栄です」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「大変光栄です」は、口語、文章のどちらでも問題なく使うことができ、その対象になる事象に対して嬉しいと思っていると伝えていますが、本当はそのようには感じていない場合でも、時には礼儀として用いることがあります。

その事象を辞退する、断るといった時だけでなく、受ける時でもそれほど嬉しいとは思っていない場合というものがあるものですが、そんなケースでとりあえずその相手に対する礼儀として「大変光栄です」と使っておくという用い方で、例えば、自分としてはもう1つ上の賞をもらえると考えていたのに対し、1つ下だったといったような場合で、とても嬉しいと思うと伝えてはいるものの、本当はそこまでではないと思っているという具合です。

「」大変光栄ですを使った例文

・『そのような賞をいただくことができ、大変光栄です』
・『私の作品に対して高い評価をいただきまして、大変光栄です』

「大変光栄です」の類語や言い替え

・『名誉に思います』
少し大袈裟な表現になってしまいますが、それを大変嬉しく感じるという解釈で「大変光栄です」と同様のシーンで用いることができます。

賞などをもらった時に使うのに向いており、与えられた役職や昇進した際などに対して使うと先のように大袈裟になることが多いので注意してください。

まとめ

「大変光栄です」は、目上の人に対してとても嬉しく思うと伝えるための表現です。

ビジネスシーンで役職を与えられたり、何かの賞をもらったような場合に使うもので、場合によっては本心からではなく、礼儀として用いることもあります。

タイトルとURLをコピーしました