「季節の変わり目ですので」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「季節の変わり目ですので」とは? ビジネス用語

ここでは「季節の変わり目ですので」の意味や使い方について、詳しく見ていきます。

「季節の変わり目ですので」とは?意味

「季節の変わり目ですので」は、文字通り春から夏、秋から冬といった四季がちょうど移り変わる頃に文章の締めとしてよく使われます。

これだけでは、季節が変わるから何だということになってしまうので、続けて「体調を崩されませんようご注意ください」など綴って締めるという具合です。

ほとんどの場合でそのような身体を気遣う表現が続きますが、これは、季節の変わり目には体調を崩しやすいと一般的に言われているためですが、かと言って、そこまで相手の身体を気遣っているという訳でもなく、社交辞令の1つだと考えておきましょう。

特に冒頭のような、これから暑くなる春から夏、寒くなっていく秋から冬にかけてのタイミングでは使いやすく、ビジネス文章でもまま見掛けることがあります。

「季節の変わり目ですので」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「季節の変わり目ですので」は、前述のようにそれだけで使うことはなく、相手に対する身体の気遣いと続くのが通常です。

手紙やビジネス文章の締めにはいくつかの定型文と言えるものがありますが、そのうちの1つで、ちょうど季節が変わるタイミングで使えるものがこれだと考えておくといいでしょう。

この「季節の変わり目ですので~」は、ビジネスにおいては取引先のお客様などに、手紙であればそれを出し合うような仲でよく使われており、相手が誰であっても失礼になることはなく、文章でこそ使える表現のため、口頭ではまず聞くことはありません。

「季節の変わり目ですので」を使った例文

・『季節の変わり目ですので、どうぞご自愛ください』
・『季節の変わり目ですので、風邪などひかれませんようお気をつけください』

「季節の変わり目ですので」の返答や返信

「季節の変わり目ですので」は文章の締めとして社交辞令的に使われるため、これに対する返答は特に必要ありません。

基本的に受け取る側も社交辞令だと分かっているものなので、変に「お気遣いありがとうございます」などと返信してしまうと、社交辞令が通じないと思われてしまうかも知れないので注意してください。

この手の特に返答の必要のない文章の締めの表現は珍しくなく、使い方だけ覚えておけばいいでしょう。

まとめ

「季節の変わり目ですので」は、この後の相手の身体を気遣う表現とセットで使います。

文章の締めとしての社交辞令なので、ちょうど季節が変わるタイミングにうまく使ってください。

誰かにこのように使われた場合に、特にこれに対する返答は必要ありません。

タイトルとURLをコピーしました