「当社としましても」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「当社としましても」とは? ビジネス用語

ここでは「当社としましても」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「当社としましても」とは?

「当社としましても」は、自分の会社としても、という意味で使う表現になります。

「当社」と使っていることからビジネスシーンで用いられ、主にこのように使う相手に同調するために用いられます。

よって、「当社としましても、そのように考えております」といったような形で、自分の会社としてもそうだと思う、そうしたいと思っているなどという返答のために使われています。

この「当社」は、ビジネスで自社を表現するにはあまり適しているとは言えない言葉です。

それは、謙った表現ではないためで、通常はそれを含んでいる「弊社」の方を用いるものです。

この「当社」と遭えて使うのは、特にその相手に謙る必要がなく、対等の立場だという場合になります。

そのため、この「当社としましても」も、そういったシチュエーションでのみ使うことができる表現です。

「当社としましても」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「当社としましても」は、その相手に同調する時以外に、会社としての主張を掲げるような場合にも用いられています。

例えば、ホームページ上で「当社としましても昨今の世間事情に鑑み、以下のように考えております」などと使うことができ、この時には特に謙る必要はないため、問題なく「当社」と表現できます。

そのような使い方の場合にも、何かに同調するといった文章で用いられることが多く、自社独自の見解を述べるような際には向いていません。

口語でも使うことができる表現ですが、謙った「弊社」とするより使いにくい表現のため、そちらにはあまり適しておらず、ほとんどの場合で文章で使われています。

「当社としましても」を使った例文

・『当社としましても、そのように考えております』
・『当社としましても、値上げの波に逆らうことはできず、商品価格を以下のように改定させていただくことになりました』

「当社としましても」の類語や言い替え

・『当社としましては』
語尾をこのように「は」とすると、何かに同調するという使い方ではなく、自社としてはこうします、といった意志表明として使う表現になります。

よって、「当社としましては、以下のように考えます」「当社としましては、そのようなご希望には沿いかねます」といったように自由な内容を続けて使うことができます。

まとめ

「当社としましても」は、自社としても同じだという解釈で使われる表現です。

何かに同調する場合に用いられ、謙った使い方にはならないため、相手と対等だと考えて用いるものです。

タイトルとURLをコピーしました