「恐縮しております」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「恐縮しております」とは? ビジネス用語

「恐縮しております」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「恐縮しております」とは?

この言いまわしの「恐縮」とは申し訳なく思うこと、身が縮まるほど恐れ入ることの意です。

このことから、この言いまわしは相手から親切にしてもらったことに対する感謝の気持ちや迷惑をかけたことに対する謝罪の気持ちを強調したいときに用いるフレーズです。

「恐縮しております」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは感謝をの気持ちを伝える時に用いられます。

周りの人から賞賛されたり、高く評価された場合に謙遜の意味で使用され、「恐れ多い」「とんでもないことです」と言う気持ちを伝えます。

また、相手の言動に対して申し訳ないと思う気持ちを伝える場合も使用します。

さらに「恐縮」する気持ちをさらに強める表現として「恐縮至極に存じます」というフレーズもあり、「この上なく申し訳のない」といったニュアンスになります。

「恐縮しております」の正しい敬語表現

この言いまわしは「恐縮」「しています」「いる」の謙譲語「おる」と丁寧語の「ます」を付けた「しております」を付加したフレーズです。

この敬語は目上の人に対して使える敬語表現となり、敬語の種類は相手に対してへりくだることで相手を敬う謙譲表現です。

「恐縮しております」を使った例文

この言いまわしを使用した例文を以下に紹介します。

・『いつもご支援いただき、恐縮しております』(感謝の意)
・『ご迷惑をおかけした件、誠に恐縮しております』(謝罪の意)
感謝の意を表わす時は後に続く言葉として「お礼申し上げます」といった文が続きます。

謝罪の意を表わす時は後に続く言葉として「深くお詫び申し上げます」といった文が続きます。

「恐縮しております」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『ご尽力いただきまして誠に恐れ入ります』
・『恐れ入ります、申し訳ごいざません』
・『心苦しい限りですが、入荷まで少々おまちくださいませ』
・『多額のご融資をいただき、恐縮至極に存じます』
「恐れ入ります」「恐縮しております」とほとんど同じ意味合いになります。

感謝にも謝罪にも用いられる表現で、「恐縮」と比べて少し柔らかい感じがあるフレーズです。

「心苦しい限りです」は相手に対して申し訳ないという意がある言いまわしです。

「恐縮」の気持ちをさらに強めたい場合は、「恐縮至極に存じます」というフレーズがあります。

まとめ

この言いまわしは相手に対する感謝や謝罪の気持ちを強調する時に使います。

なお、「恐縮」と言う言葉が堅い感じがする時は、「恐れ入ります」と表現すれば、少し柔らかい印象になりますので、シーンに応じて使い分けてください。

タイトルとURLをコピーしました