「日々精進に努める所存でございます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「日々精進に努める所存でございます」とは? ビジネス用語

「日々精進に努める所存でございます」とはどのように使う?

ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「日々精進に努める所存でございます」とは?

「日々精進に努める所存でございます」とは、これから仕事に一生懸命取り組んでいく旨の意思表明をする言葉であり、主に新規採用職員や人事異動で新しい職場で働くことになった際の挨拶などで使用されます。

また、仕事を受注した際の最初のあいさつで使用することもありますが、状況によっては、日々精進することは当たり前だと取られるので、使用することが適切ではないこともあります。

新たに昇進によって、上位の役職に就いた際の挨拶でも使われます。

「日々精進に努める所存でございます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「日々精進に努める所存でございます」を会話やビジネスメールを使用するタイミングとしては、初めての挨拶の際がベストタイミングです。

注意点としては、就任してから時間が経過した後に使ってしまうと、かなり不自然に感じられてしまいます。

仕事では結果が求められることが多く、仕事に取り組み始めてかなり日時が経過してから、「日々精進に努める所存でございます」と言ってもあまり良い印象とはならないです。

「日々精進に努める所存でございます」の正しい敬語表現

「日々精進に努める所存でございます」という言葉は、そのまま敬語表現となっているので、メールや会話ではそのまま使うこともできます。

また、「日々精進に努める所存でございます」「日々精進に努めてまいる所存でございます」という言い方に替えても良いでしょう。

「日々精進に努める所存でございます」を使った例文

・『心機一転、新任課長として日々精進に努める所存でございます』
・『不慣れで至らぬ点も多いと思われますが日々精進に努める所存でございます』
・『早く皆様のお役に立てるように日々精進に努める所存でございます』

「日々精進に努める所存でございます」の類語や言い替え

「日々精進に努める所存でございます」の言い替えとしては、「より一層の精進を重ねてまいる所存です」といった言い方も使われます。

また、「ご期待に応えることができるよう、日々精進に努める所存でございます」という言い方も使われます。

まとめ

特に新任の挨拶などでは、「日々精進に努める所存でございます」という言葉を使用することは多いでしょう。

適切なタイミングで正しく使うことが出来れば、会話やメールで相手に伝える際に、良い印象を与えることが出来るでしょう。

自分のやる気をアピールすることが出来る言葉なので、使い方をマスターすると非常に良いです。

タイトルとURLをコピーしました