「本日の打ち合わせの日程調整の件」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「本日の打ち合わせの日程調整の件」とは? ビジネス用語

ここでは「本日の打ち合わせの日程調整の件」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「本日の打ち合わせの日程調整の件」とは?

「本日の打ち合わせの日程調整の件」は、特定の条件の中でメールのタイトルとして使われる表現です。

その条件とは、その日に既に打ち合わせが終わっており、そこで話し合いが行われた何かの日程調整について、内容の変更や確認などのためにそのメールを送る必要があった場合に、タイトルだけでどんな用件なのかが分かるようにとこのように使います。

よって、かなりニッチな使い方しかできない表現ですが、「日程調整」の部分を他に変更することで使えるシチュエーションが増え、色々なビジネスシーンで利用できるようになります。

最初の「本日」「昨日」などと変えると、更に使える場面が増えるので、そのような応用を効かせてビジネスメールのタイトルとしてうまく使ってください。

「本日の打ち合わせの日程調整の件」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「本日の打ち合わせの日程調整の件」のように、ビジネスメールのタイトルを「~の件」とすることは特に珍しくなく、内容がそれについてだとひと目で分かることから、効率的なタイトルのつけ方だと言うことができます。

こちらの「本日の打ち合わせの日程調整の件」だと、文章の中で使うこともできる形なので、そちらの場合も考えてみると、この後にそれについて変更がある、再度打ち合わせをしたいといった内容を続けば違和感のない文章を作ることができます。

ただし、その場合には「~の件」のように体言止めにはせず、「~の件ですが」などと文章として自然な流れにして使うことになります。

以下の例文ではそういった使い方をしているものを挙げています。

「本日の打ち合わせの日程調整の件」を使った例文

・『本日の打ち合わせの日程調整の件についてですが、若干の変更が生じてしまいました』

・『本日の打ち合わせの日程調整の件についてご相談がありまして、少しお時間をいただきたいのですが』

「本日の打ち合わせの日程調整の件」の類語や言い替え

・『本日打ち合わせしました日程調整の件です』
メールのタイトルとして使う場合を想定して、このように言い替えて使うこともできます。

こちらの方が柔らかさがあり、いかにもビジネスメールのタイトルといった感がなくなります。

こちらでも十分ビジネスシーンに対応することができるので、無理に使い慣れない「~の件」とは使いたくないと思った時には、このようにするといいでしょう。

まとめ

「本日の打ち合わせの日程調整の件」は、その日の打ち合わせでの日程調整について何かある場合に送るメールのタイトルとして使う表現です。

「本日」としているのでその日でないと使えませんが、そこを「昨日」などと変えてみたり、「日程調整」の部分を変えることで色々なビジネスシーンで使えるようになります。

タイトルとURLをコピーしました