「理由を教えてください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「理由を教えてください」とは? ビジネス用語

ここではタイトルの通り「理由を教えてください」というフレーズの敬語表現や使い方、使用時の注意点を徹底解釈していきます。

「理由を教えてください」とは?

「理由を教えてください」とは、相手からの依頼や要望に対してその理由を問いたい時に使う一句です。

正しい業務遂行のためには「なぜそうなったのか?」の原因追及はもちろん、そもそも自分がその課題に対応するべき役割なのか等、確認することは必要な工程です。

疑問点を相手に尋ねることは重要なコミュニケーションの一つです。

「理由を教えてください」のビジネスメールや会話での使い方、使うときの注意点

「理由を教えてください」は敬語の体裁をとっていますが、話し言葉で主に使われる言い回しです。

特にあまり面識のない目上の方や文書、メールでの使用は控えましょう。

その際は「教えてください」「お教えください」というようにより丁寧に表現する、または「お教えいただけませんでしょうか?」「ください」を謙譲語に言い換え、相手に行動の決定権をゆだねる言い方にするとよいでしょう。

さらに、文頭に「恐れ入りますが」「大変お手数ですが」など相手を配慮する一言を添えると、なお謙虚なニュアンスが高まります。

もちろん、無事に相手から回答が得られた際は、「ご回答いただき誠にありがとうございます」と心から返答に対する感謝を述べることも大切です。

「理由を教えてください」を使った例文

・『今回のプランのパートナーとして、弊社を選んだ理由を教えてください』
・『なぜそのような事態になったのか、恐縮ですが理由をお教えいただけませんでしょうか?』
一番目の例文は、話し言葉であればインタビューなどでもよく見られる形ですが、書き言葉としてみると「ください」が少々強制されるような印象が感じられます。

2番目のように「ください」をより丁寧に謙虚に言い換えると、どのようなシーンでも通用するフレーズになります。

「理由を教えてください」の類語や言い換え

「理由を教えてください」とは理由を相手に尋ねる一句ですから、「教えてください」の部分を様々な言葉に言い換えられます。

相手に質問する際の動詞である「尋ねる」「聞く」「伺う」を使って、「理由を伺います」「理由をお聞かせください」「理由をお尋ねします」などです。

さらに「ます」の部分を前述のように「~してもよろしいでしょうか?」と疑問の敬語表現にすることで、相手に不快感を与えることなく質問できます。

まとめ

「理由を教えてください」は様々な場面で使われる言葉で、相手から理由を聞き出すときに使用します。

語尾の言い回しの変化でより丁寧な敬語表現、「教えてください」を別の言葉に言い換えることも可能です。

相手との距離感や伝達方法に合わせた適切な使い方をしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました