「秋風が心地よい時節となりました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「秋風が心地よい時節となりました」とは? ビジネス用語

メールや手紙で「秋風が心地よい時節となりました」という文を見ることがあります。

どういった使い方をするのでしょうか。

詳しく見てみましょう。

「秋風が心地よい時節となりました」とは?

「秋風が心地よい時節となりました」は、時候の挨拶の一つです。

時候の挨拶とは、挨拶状や手紙などで最初の書き出しに使う季節を感じさせる文のことです。

暑さ寒さの厳しい時期には、相手の健康を気遣う意味もあります。

「秋風が心地よい時節となりました」は文字通り、秋に吹くさわやかな風が気持ちよく感じられる季節になりましたが、という意味になります。

秋といっても何ヶ月かありますが、「秋風が心地よい時節となりました」は9月に使う時候の挨拶です。

特に9月上旬に使われます。

「秋風が心地よい時節となりました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「秋風が心地よい時節となりました」はどのように使うのが正しいのでしょうか。

個人宛の手紙、文書の構成は、A.頭語(拝啓、謹啓など)、B.時候の挨拶、C.相手の繁栄を喜ぶ言葉または感謝の言葉、相手の安否を尋ねる言葉、自分の現状を伝える言葉④本文⑤結びの言葉、となります。

「秋風が心地よい時節となりました」はB.の部分で使われる文の一つです。

かしこまった手紙ではなく、ある程度親しい間柄の人に送るメールや手紙で使います。

「秋風が心地よい時節となりました」を使用した例文

『秋風が心地よい時節となりました。

○○様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます』
「秋風が心地よい時節となりました」を時候の挨拶として使う場合、その後ろに続く文章として相手の繁栄を喜ぶ、感謝、安否を尋ねる言葉のいずれかを使います。

「秋風が心地よい時節となりました」は家族や友人など、親しい関係の人に送る文章で使われることから、「皆様お元気でいらっしゃいますか」「いかがお過ごしですか」などの文が続きます。

「秋風が心地よい時節となりました」の類語や言い替え

では、「秋風が心地よい時節となりました」を他の言葉で言い替えるにはどんな言葉がよいでしょうか。

「秋風」を使うのであれば、「秋風の候」に変えられます。

「秋風の候、いかがお過ごしでしょうか」と一言で言い替えられます。

その他「朝夕の風に涼しさを感じるようになりましたが」「涼風が心地よく感じられる今日この頃」といった挨拶も使われます。

まとめ

「秋風が心地よい時節となりました」は、手紙や文書における時候の挨拶の一つです。

かしこまった手紙ではなく、ある程度親しい間柄の相手に送る手紙または文書で使われます。

文字通り、夏が終わり日中は日射しが強く暑くても、朝晩に吹く涼しい風が心地よい9月初旬に使います。

タイトルとURLをコピーしました