「邁進することができました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「邁進することができました」とは? ビジネス用語

ここでは「邁進することができました」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「邁進することができました」とは?

「邁進することができました」は、それだけを目標に打ち込むことができたと表現している言葉です。

よって、何にそうできたのかという対象と共に使う必要があり、その相手や別の面からの助力などがあったお陰だという使い方になります。

基本的にそのような形の文章にして使われるもので、この後にそれに対する感謝の表現をつける場合が多いです。

口頭で使われる例はあまりなく、ほとんどが文章になることから、「邁進」は難しい漢字なので、これを開いて「まい進」とすることも少なくありません。

ですが、「邁進」のままの方がその見た目の堅さからビジネス向けと言えるので、そちらで使う場合にはこのままの形で構いません。

「邁進することができました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「邁進することができました」は、何かのお陰でそれができたといった文章に使われる表現です。

そのため、この前には何にそうできたのかといった文言が、後にはそれができた感謝の表現といった流れの文章になるのが通常で、相手に対するお礼の連絡と言えるものに用いられます。

近年ではメールのことが多いながら、手紙で使われる場合もあり、ビジネスシーンだけでなく、その件でお世話になった人へのお礼状という形でこの表現が用いられることも少なくありません。

意味は1つなので、そう難しい言葉でもありませんが、それだけに突き進むという意味になる「邁進」と使うくらいなので、本当にそのような場合でないと大袈裟になってしまう懸念があるので注意してください。

「邁進することができました」を使った例文

・『周囲のサポートもあり、担当業務に邁進することができました感謝しております』

・『親身になってくれた先生方のお陰で受験勉強に邁進することができました』

「邁進することができました」の類語や言い替え

・『専心することができました』
「専心」はそれだけに一心に打ち込むことを意味しています。

よって、似たような使い方をすることができ、言い替え表現になる場合もあります。

ただし、「邁進」と比べてそれほど一般的な言葉ではないため、無理にこちらに言い替える必要もありません。

意味の通り、よほどその1つだけに打ち込んだという場合だけに使ってください。

まとめ

「邁進することができました」は、その対象にそれだけ打ち込むことができたという表現になります。

基本的にそれができた理由と共に用いられ、この後には感謝の言葉が続くと考えていいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました