「たびたび恐れ入ります」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「たびたび恐れ入ります」とは? ビジネス用語

「たびたび恐れ入ります」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「たびたび恐れ入ります」とは?

この言いまわしはビジネスの場面でよく用いられているフレーズで謝罪の意である「自分のしたことに対して申し訳ない」という気持ちが含まれています。

また、「恐れ入ります」の前に付く「たびたび」は同じことが何度も繰り返される様子を表わし、「何度も」「何回も」という意です。

よって、この言いまわしは何度も迷惑をかけてしまったことに対する申し訳ない気持ちを表わす時に用います。

「たびたび恐れ入ります」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは相手に頼みごとをする場合のクッション言葉として相手の立場を思いやるニュアンスを含むと同時にお詫びの気持ちも含まれます。

また相手に感謝やお詫びの気持ちを伝える場合は謙遜と感謝の両方の気持ちが込められています。

これに「たびたび」という語句が付き、同じ動作を同じ人に対して何度も繰り返して行なう場面に「何度も」という意味合いで使用します。

そのため初対面の人に使うと誤解されるおそれがありますので注意が必要です。

「たびたび恐れ入ります」の正しい敬語表現

この言いまわしは、相手への敬意を表わし、何かしてもらったことに対する感謝の気持ちを表わす謙譲の意のフレーズです。

「恐れ入る」に丁寧語の「ます」が付加されたフレーズで、相手に敬意を示す敬語表現のため、目上の人に使用できます。

「たびたび恐れ入ります」を使った例文

この言いまわしを使用した例文を以下に紹介します。

・『たびたび恐れ入りますが、〜をしていただけますか』(頼みごとをした場合)
・『たびたび恐れ入りますが、さらに住所もお聞きしてもよろしいですか』(尋ねる場合)
・『昨日に続き今日もミスしてしまい、たびたび恐れ入ります』(お詫びの意を伝える場合)

「たびたび恐れ入ります」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い換え例を以下に紹介します。

・『重ね重ね恐れ入りますが〜』
・『幾度となく恐れ入りますが〜』
・『たびたび恐縮ですが〜』
・『たびたび痛み入りますが〜』
「重ね重ね」は何回も同じことを繰り返す様子を表わす語句で、「幾度となく」「何度も」といった意となります。

「恐縮です」はメールなどの硬い文で使うとよいフレーズで、「痛み入ります」「恐れ入ります」とほぼ同じ用法で使われるフレーズですが、畏まった言いまわしのため、改まった場面での使用が向いています。

まとめ

この言いまわしは、何度も迷惑をかけてしまって申し訳ない気持ちを表わしたいときに使用します。

「恐れ入ります」は相手の行動に対して用いる言葉で、自分の行為に対しては「申し訳ございません」を使用します。

タイトルとURLをコピーしました