「寒くなりましたので」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「寒くなりましたので」とは? ビジネス用語

「寒くなりましたので」とはどのように使われる

ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「寒くなりましたので」とは?

「寒くなりましたので」とは、これまで暑い日が続いており、少しずつ寒さが厳しくなってきている時期に使用する言葉です。

相手を労わる気持ちを表す言葉となっているので、適切なタイミングで使用するとよいでしょう。

冬の時期などには使用されることは少なく、残暑が終わった秋の時期などに使われます。

上司などに使うこともありますが、自社を訪問してくれた取引先の相手との別れ際に使うことも多いです。

さらにメールの際には、相手が寒くなって体調を崩してしまうことを心配して使用することが多いです。

「寒くなりましたので」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「寒くなりましたので」という文章は、メールや会話に織り交ぜることで、相手のことを大切に思っている気持ちを表現することが出来ます。

会話やメールで使用するときの注意点としては、頻繁に使用すると、ありがたみがなくなってしまうので、同じ相手に繰り返し使用することは好ましくないといえます。

ビジネス会話での使い方としては、打ち合わせや会議が終わった後の、別れ際の挨拶に織り交ぜて自然に使用するとよいでしょう。

「寒くなりましたので」の正しい敬語表現

「寒くなりましたので」の敬語表現としては、「お寒くなってきておりますので」「寒さも厳しくなってきておりますので」などとなります。

基本的には「寒くなりましたので」でも敬語表現としては十分に相手に敬意は伝わります。

「寒くなりましたのでご自愛ください」という表現をすると更に相手を労わる気持ちを強く表現することが出来ます。

「寒くなりましたので」を使った例文

・『夜も遅くなり、外はお寒くなっておりますので、風邪にお気をつけてお帰り下さい』
・『秋も深まり、季節は寒くなりましたので、無理をなさらずにお過ごしください』
・『日中も外は寒くなりましたので、暖かい格好でお越しください』

「寒くなりましたので」の類語や言い替え

「寒くなりましたので」の言い換えとしては「秋の気配も濃くなってきましたので」「朝晩の冷え込みが身に染みる季節となりましたので」などとなります。

相手の立場はその時の状況に応じていろいろなパターンの表現を覚えておくとよいでしょう。

まとめ

「寒くなりましたので」という相手を労わる言葉は、ビジネスのメールや会話に織り交ぜると、相手からの印象はとても良くなります。

いろいろな表現方法を身に付けておくことで様々な場面に対応することが出来るようになります。

タイトルとURLをコピーしました