「急を要することがありましたら」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「急を要することがありましたら」とは? ビジネス用語

ここでは「急を要することがありましたら」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「急を要することがありましたら」とは?

「急を要することがありましたら」は、急いで何かを行う必要があれば、と相手に聞いている表現になります。

つまり、こちら側でできることがあれば協力ができるとその相手に伝えるために使います。

よって、この後には「お知らせください」などという文言が続き、それと合わせて協力しますという意志の表現になります。

基本的には本当にそのつもりがあってこそ用いるべき表現なので、それではこれをお願いしたいなどと返信があればそれには急いで応える必要があります。

そのため、その気がないのに使うようなことはしない方が無難です。

「急を要することが」と急ぎで何かをする用意があると伝えているため、この表現を相手に伝えた後にはその返信には注意していないといけません。

「急を要することがありましたら」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「急を要することがありましたら」は、急ぎで何かをすることができると伝えているため、このように使われた方は何かをやってもらえると期待してしまうものです。

それも急ぎでやってもらえると思ってしまうので、その用意がなければ使うのはやめておきましょう。

もちろん内容にもよるため、それによってはさすがに無理だといったこともあります。

その時には素直にそのように返信をして構わず、このように伝えたからと言って何でも聞く必要はありません。

逆に言えば、こう言ってもらえたからと言って、何でもやってもらえる訳ではないので、そこまでの期待はしない方がいい場合も多く、口語、文章のどちらでも使うことができますが、ビジネスではメールなどの文章で使われることの方が多く見られます。

「急を要することがありましたら」を使った例文

・『何か急を要することがありましたら、いつでもご連絡ください』
・『急を要することがありましたら、私の携帯電話までお願いします』

「急を要することがありましたら」の類語や言い替え

・『お急ぎの用件がありましたら』
意味としては「急を要することがありましたら」と同じで、ビジネスで使われることも多い表現です。

そちらを使う代わりの言い替え表現になります。

・『至急対応が必要なことがありましたら』
少し堅くした形ですが、意味は同じなのでこちらを使っても相手に伝わる内容としては一緒です。

その堅さも手伝って、この形になると口語で使うことはまずなく、文章専門の表現になります。

まとめ

「急を要することがありましたら」は、こちらが急ぎですることがあれば、と相手に伝えるために使います。

本当にその気がある場合に遣う表現なので、こう伝えたからにはあくまで内容次第ながら、要求をきく用意はしておく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました