「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」とは? ビジネス用語

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」とは?

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」は、正式に夫婦になることを言い表した言葉です。

このように表現する事は稀ですが、「鴛鴦の契り」「おしどりのちぎり」と読みます。

これは、「鴛鴦之契」と書いて「えんおうのちぎり」という四字熟語にすることもあります。

「おしどり」は、仲睦まじいことを比喩表現する際に使用されます。

これを「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」とすれば、夫婦の契りを結ぶことを表現する言葉になるのです。

なお、「晴れて」は、「正式に」「公然と」との意味を持ちます。

また、「結ばれる」「結ぶ」を尊敬語に言い換えたものです。

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」を使う場合には、どのようなものがあるでしょうか。

たとえば、あなたの上司が結婚することになったとします。

その相手と長い間交際していたことは、周囲の誰もが知っていたのでした。

このような場合には、「晴れて鴛鴦の契りを結ばれることになったのですね」と述べるとよいでしょう。

これにより、正式に結婚することになったことを、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「結ばれる」の使い方に注意しましょう。

これは尊敬語の表現ですが、受動表現と誤認しやすいものになっています。

そのため、どちらの意味で使用しているのかを、周囲の文脈から判断する必要があるのです。

誤解を与える表現にならないように、相手が判断できるような言葉を組み合わせて、使用するとよいでしょう。

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」を使った例文

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」を使った例文を挙げます。

例文のように、語尾を付け加えて文章を完成させると、自然な印象の表現を作成できるのです。

・『晴れて鴛鴦の契りを結ばれることになりました』
・『晴れて鴛鴦の契りを結ばれることになったのですね』
・『晴れて鴛鴦の契りを結ばれるとは思いませんでした』

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」の類語と敬語での言いかえ

それでは「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」の類語と敬語での言いかえを説明します。

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」の類似表現

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」の類似表現には、「晴れて夫婦の契りを結ばれる」があります。

「鴛鴦の契り」「夫婦の契り」と置き換えても、同じ意味の表現として成立するのです。

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」の敬語表現

「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」を、別な敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「晴れて鴛鴦の契りをお結びになる」のように言いかえできます。

まとめ

このように「晴れて鴛鴦の契りを結ばれる」は、正式に夫婦になることを言い表した言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました